« キャラクター造形学 | トップページ | ROBO_JAPAN 2008 »

セイコーエプソン・機器デザインセンターの挑戦

Seiko_epsonイノベーション創発論
―セイコーエプソン・機器デザインセンターの挑戦

著者は、グロービス経営大学院大学経営研究科教授の佐藤剛 氏。

専攻は組織行動学とのことで、本書では、セイコーエプソン・機器デザインセンターの組織設計の変革、人事評価システムの変革、個人の意識変革などが中心的な論点となっています。
デザイナー組織とデザイナーのマネジメントについて、事例研究を通じて多くの示唆が示されていると感じました。(デザイナーの人事評価システムの話とか、けっこう生々しいですよ。(^^;)

はじめ書名だけを見て、デザインと創発の関係性についての踏み込んだ議論を‘勝手に’期待してしまったけれど、それはちょっと‘むちゃぶり’でした。組織行動学の研究ですからね。(^^)

慶應義塾大学出版会|イノベーション創発論

|

« キャラクター造形学 | トップページ | ROBO_JAPAN 2008 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

読了。

なるほど、こういうフレームワークで「デザインと経営」をとらえれば、組織論の観点からの「修士論文」が書けたのね、と。
いまごろ(いまさら)わかっても、もうどうしようもないのだがー。(だって修了しちゃったし。経営学の論文をこの先書くことはたぶん無いと思うし。(^^;)

でも、この本のような研究は2年間じゃきっと無理。調査だけで数年かかってるかんじ。組織やマネジメントの変遷を時系列で丹念に追ってますからね。

投稿: よしはし | 2008.10.17 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイコーエプソン・機器デザインセンターの挑戦:

« キャラクター造形学 | トップページ | ROBO_JAPAN 2008 »