« 卒業生(webデザイナー)のブログ | トップページ | 多摩美 美術館でのフィールドワーク »

図録「スタジオジブリ・レイアウト展」

Ghibli_layout残念ながら展覧会は見ることができなかったのですが、図録が通販で買えることを知って、購入しました。・・・すごいです、これ。(しばし絶句。)

アニメーションの設計図としての「レイアウト」、制作システムとしての「レイアウト」のもつ意味と重要性が理解できました。
「レイアウトはアニメーション映画制作のキイ・ポイント」高畑勲 ほか、解説も読み応えがあります。

(追記する予定→追記したかったのと同じ内容を、コメントで書いてしまいました。(^^;)

セブンアンドワイ|スタジオジブリ・レイアウト展 図録(セブンアンドワイ限定販売)

スタジオジブリ・レイアウト展(展覧会は終了しています)

|

« 卒業生(webデザイナー)のブログ | トップページ | 多摩美 美術館でのフィールドワーク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

コメント

最終日に行きました。

会場で実物を見ましたが、初期作品は良く残っていたなぁとため息が出ました。

実際1枚しか見つからないものもあったらしいし。


ボリュームの割には非常に安価な本。こういう本は日本でしか手に入らないんでしょうね。


解説でレイアウト展!なんて地味な展覧会!を連呼するのは面白いですね。

投稿: TQY | 2008.10.25 11:52

見たことがある作品だと、図録に収録された「レイアウト」を見て、「あ、映画のシーンと同じだ。」などと思ってしまうのですが、これは順序が逆なんですよね。

アニメーションがまだ「なにもカタチになっていない」時点でこれらのレイアウトが描かれている、(そしてそのとおりに作品ができている)ということに思い至ると、「レイアウト」というモノのすごさがわかります。

投稿: よしはし | 2008.10.26 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図録「スタジオジブリ・レイアウト展」:

« 卒業生(webデザイナー)のブログ | トップページ | 多摩美 美術館でのフィールドワーク »