« MUJI AWARD 03 展 | トップページ | ディーター・ラムスの時代 展 »

教育×破壊的イノベーション

Innovation教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する

著者は「イノベーションのジレンマ」のクレイトン・クリステンセンほか。
原題:"Disrupting Class: How Disruptive Innovation Will Change the Way the World Learns "

各章の冒頭が‘ミニドラマ’になっているので、まずはそこをざっと読む。さずがにこれだけでは書評は書けず。。。ちゃんと読む、予定。

目次:
第1章 人によって学び方が違うのに、なぜ学校は教え方を変えられないのか
第2章 移行を行なう 学校は社会の要求に応えている
第3章 教室に押し込まれたコンピュータ
第4章 コンピュータを破壊的に導入する
第5章 生徒中心の学習システム
第6章 幼年期が生徒の成功に与える影響
第7章 教育研究を改善する
第8章 変革に向けたコンセンサスを形成する
第9章 イノベーションに適した構造を学校に与える

教育×破壊的イノベーション:SEshop.com/商品詳細

|

« MUJI AWARD 03 展 | トップページ | ディーター・ラムスの時代 展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育×破壊的イノベーション:

« MUJI AWARD 03 展 | トップページ | ディーター・ラムスの時代 展 »