« 冬期休暇(多摩美) | トップページ | Silent Night »

企業戦略としてのデザイン

Do_you_matter企業戦略としてのデザイン−アップルはいかにして顧客の心をつかんだか

原書はこちら“Do You Matter?: How Great Design Will Make People Love Your Company”...原書の副題には‘アップル’なんて書いてないし、アップル社のデザインについて書かれた本でもありません(事例としてApple製品は出てきますが)。(^^;

日本語のタイトル「企業戦略としてのデザイン」が本書の内容を正しく表しています。製品だけにとどまらないトータル・デザイン、カスタマー・エクスペリエンス、デザイン主導企業、ブランド、デザイン言語、デザイン主導の企業文化など、経営におけるデザインの価値と重要性が説かれています。

「カスタマー・エクスペリエンスへのポータルとしての製品」「カスタマー・エクスペリエンスのサプライ・チェーン・マネジメントのためにデザインをどのように使うか」(6章)という視点は、経営戦略から見た‘デザイン’の意味や価値をわかりやすく示したものといえるでしょう。…こういう言い方があるのですねぇ。(^^;

目次:
1 デザインは重要である
2 あなたは必要だろうか?
3 どうすればよいのか
4 デザイン主導とは何か
5 ブランドはロゴではない
6 ポータルとしての製品
7 製品やサービスは人と語り合う
8 デザイン主導の企業文化を築くには
9 前進せよ

企業戦略としてのデザイン|アスキー

|

« 冬期休暇(多摩美) | トップページ | Silent Night »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業戦略としてのデザイン:

« 冬期休暇(多摩美) | トップページ | Silent Night »