« コナミスクールという学校 | トップページ | デザインブログ−にほんブログ村 »

グランズウェル−ソーシャルテクノロジーによる企業戦略

Groundswellグランズウェル−ソーシャルテクノロジーによる企業戦略

グランズウェル:大きなうねり

まだ読みかけ。

「現代の人々は、さまざまなオンラインツールを使って他者とつながり、主体的に行動しながら、自分が必要としている情報、サポート、アイディア、製品、交渉力などをお互いから調達している。これは自然発生的な動きであり、グランズウェルはあらゆるものを飲み込みながらたえず変化し、膨らみ続けている。ブログ、ウィキ、ポッドキャスト、そしてユーチューブもグランズウェルの一部だ。」(序文より)

グランズウェル:SEshop.com/商品詳細

|

« コナミスクールという学校 | トップページ | デザインブログ−にほんブログ村 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランズウェル−ソーシャルテクノロジーによる企業戦略:

» 読後評:グランズウェル 今年最後を締めくくるにふさわしい1冊と言い切れる。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
グランズウェル Groundswell とは、直接訳っぽくいうと「大きなうねり」。 今の時流の言葉でいうと、どちらかと言えば「クラウドソーシング」のこと。 ネットから広がった、つながりたいう人々の欲求、新しい双方向テクノロジー、ネットの経済学、という3つのトレンドが扉を開いた、新しい社会的協力(とも言おうか)を生んだこの現象のことである。 この現象を説明するだけに留まらず(そんな本は世の中に大量に腐っている)、この本の凄いのはこのグランズウェルと「企業」を、いかにコネクトするかに挑戦しているからで... [続きを読む]

受信: 2008.12.25 21:42

« コナミスクールという学校 | トップページ | デザインブログ−にほんブログ村 »