« 「デザインの起源について、考えてみたことがあるだろうか。」 | トップページ | 創造は「心身の没頭」から始まる »

2009.03.29

「つみきのいえ」加藤監督に聞く(asahi.comインタビュー)

いまさらですが、アカデミー賞受賞作品「つみきのいえ」です。
加藤久仁生監督は、多摩美術大学のグラフィックデザイン学科の出身です。作品のきっかけとなった1枚の絵は、2年生の課題で生まれていたそうです。(下記インタビュー記事より)

asahi.com:「つみきのいえ」加藤監督に聞く 「詩のような世界表現」

アカデミー賞発表の数日後にちょうど多摩美の教授会があり、その席でも加藤監督の受賞が報告されました。
会議が終わったあとひき続いて受賞作品が上映されたのですが、そこ(会議室)で映像に見入っている方々の顔ぶれ(多摩美の教授陣)は、まるで‘プレミア’上映会のようでした。。。(^^;
・・・そして、上映後は満場の拍手でした。(^^)

  

« 「デザインの起源について、考えてみたことがあるだろうか。」 | トップページ | 創造は「心身の没頭」から始まる »

文化・芸術」カテゴリの記事

大学・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つみきのいえ」加藤監督に聞く(asahi.comインタビュー):

« 「デザインの起源について、考えてみたことがあるだろうか。」 | トップページ | 創造は「心身の没頭」から始まる »

検索


  • Google

    ブログ内 ウェブ全体

facebook