« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

最近のなかのひと

Nakanohito090530

こんなかんじで。。。

無料アクセス解析ツール with 位置情報ブログパーツ 「なかのひと」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美術大学 進学相談会

各地で開催する進学相談会の予定です。

多摩美術大学|進学相談会

私は、今年は札幌会場を担当予定。。。ちゃんと仕事します。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造形表現学部で学びたいひとのためのイベントガイド

多摩美術大学 造形表現学部(夜間)で学びたい人のためのイベントガイド 2009

多摩美術大学|造形表現学部 イベントガイド2009

上野毛キャンパス・造形表現学部のイベント案内です。
造形学科、デザイン学科、映像演劇学科 の 授業体験・進学相談などが開催されます(要予約)。

多摩美術大学 造形表現学部 デザイン学科

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEW & BASIC GRAPHIC DESIGN

NEW & BASIC GRAPHIC DESIGN デザインの進化形
Ellen Lupton, Jennifer Cole Phillips・著

グラフィックデザインの「基礎」を16項目に整理して解説した本です。ただし、従来の「基礎の本」とはひと味ちがっていて、デジタル技術を前提としたグラフィックデザインを‘きちんと’扱っています。

単に‘デジタル’を礼賛することもなく、逆に退けたり怖れたりすることもなく、押さえるべき「グラフィックデザインの基礎」はきっちり押さえる、という誠実な(しかし新しい)アプローチがよいです。そして、参考になります。

 

続きを読む "NEW & BASIC GRAPHIC DESIGN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織の創造性

多摩大を修了して1年以上経った今ごろになって、「組織の知」とか「組織の創造性」という意味が少しわかってきました。

きっかけは、いま勤務している美術大学の‘創造的な環境’について考えたことでした。美術大学には「創造的な雰囲気」や「新しいものを生み出す空気」という独特な環境があります。明確に説明したり言語化することはできませんが、非常勤などで出入りしている他の分野の大学と比べて、明らかにちがう「何か」があるように感じます。(目には見えず身体が感じるというレベルのものですから、言葉にはなりません。)

そのような環境に身を置きながら、この‘環境(雰囲気や空気)’を支えているものは何だろうか?と、考えてみました。また仮に、創造することを妨げない、創造を勧めるあるいは支援することの「源泉」が多摩美術大学という‘組織’にあるとしたら、その「組織」とはいったいどんなものだろうか?と。

続きを読む "組織の創造性"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿・鈴木敏文【放送予定】

カンブリア宮殿 第150回 記念特別企画

ゲスト:セブン&アイ・ホールディングス 会長 兼 CEO 鈴木敏文

2009年5月25日(月),6月1日(月)(2週連続)
22:00〜22:54
テレビ東京

第1回:店を革新し続けろ!~“流通の神様”ついに登場
第2回:大不況時代…進化して生き抜け!~客のニーズをつかむ極意

カンブリア宮殿:テレビ東京

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフォグラフィックス展 2009

インフォグラフィックス展2009 -見ることのデザイン-

6月6日(土),12:00〜19:00
6月7日(日),10:00〜19:00

東京都市大学 環境情報学部(横浜キャンパス)
3号館4F グループワークルーム
入場料:無料

展示:
小池研究室3年生10名によるインフォグラフィックス。テーマ「見ることのデザイン」
講演会:
「産経新聞のインフォグラフィックスデザインの取り組みについて」,筑紫直弘氏(産経新聞社 編集局整理部デザイン担当 次長)

インフォグラフィックス展2009-見ることのデザイン-: Koike Social Design Lab.
東京都市大学 環境情報学部

…これも(予定が)重なってる。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美術大学 2010年度入試日程

2010年度の入試日程、学生募集概要が公開されています。(美術学部・造形表現学部・大学院美術研究科)

多摩美術大学|2010年度入試日程

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HCD-Netシンポジウム 2009

HCD-Netシンポジウム 2009

2009年5月28日(木),29日(金)
札幌市男女共同参画センター

テーマ:地域戦略と人間中心設計の新しい関係

今回の会場は札幌です。この時期の札幌はさわやかでいい気候です。(って言いつつ、私は仕事の都合で参加できませんが...orz)

HCD-Net | HCD-Netシンポジウム 2009 参加申込みを開始しました

HCD-Net 人間中心設計推進機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織学会 研究発表大会

2009年度 組織学会研究発表大会

2009年6月6日(土),7日(日)
仙台国際センター

2009年度 組織学会研究発表大会
組織学会トップページ

いちど聞きに行ってみようかと思案中。(発表はしません(^^;)
ユースカルチャーの生態系と日程がかぶっており。。。かなり悩ましい...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上村松園 展

没後60年記念
上村松園 美人画の粋

2009年5月23日(土)~7月26日(日)
山種美術館(半蔵門駅 または 九段下駅 下車)

山種美術館 | 次回の展覧会

この展覧会のあと現在の山種美術館は休館し、2009年10月1日に新美術館(渋谷区広尾)が開館する予定だそうです。
山種美術館 | 新美術館情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユースカルチャーの生態系

モバイル社会シンポジウム「ユースカルチャーの生態系」

2009年6月6日(土)13:15~17:30
秋葉原コンベンションホール
参加費無料/定員200名(先着順)(要・申し込み)

主催:株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ モバイル社会研究所

基調講演:
「モバイルデジタル文化のユースカルチャー」,岡部 大介(東京都市大学講師)

パネルセッション1 「ユースカルチャーの風景」
 磯 光雄(『電脳コイル』原作・脚本・監督 アニメーター)
 有元 典文(横浜国立大学准教授)
 飯野 賢治(ゲームクリエイター)
 伊藤 瑞子(カリフォルニア大学アーバイン校) *Skype
 モデレータ:岡部 大介
ほか

モバイル社会研究所|シンポジウム「ユースカルチャーの生態系」
モバイル社会研究所|プログラム

関連:Information Design?!: デザインド・リアリティ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Viewサーチ北海道

北海道の風景写真2万点が楽しめます。(^^)

「北海道大学・長谷山美紀教授の次世代画像検索技術研究をもとに、サイト内に蓄積された風景画像を一定の特徴量によって分類し、利用者に閲覧を提供するもの」(サイトより引用)だそうです。

Viewサーチ北海道
このサイトについて - Viewサーチ北海道

左サイドバーにブログパーツを設置してみました。

ImageCruiser labs 情報大航海プロジェクト【経済産業省】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チーム・ティーチングの学び

3年次の演習は、ふたりの専任教員(矢野講師と吉橋)が担当するチーム・ティーチング(Team Teaching)でおこなっています。ふたりの教員が関わることで、複数の価値観・視点からの教育が可能になるのが、チーム・ティーチングのメリットです。それぞれが担当する曜日は別々なので、学生からはふたりの先生がふたつの別々の授業をやっているように見えますが、演習の大きなテーマはひとつ(あそびのデザイン)で、課題制作のゴールもひとつです。

各回の授業は、授業計画の段階で設定したテーマやスケジュールに沿って、それぞれの教員が授業内容を考えて指導します。学生に提供する学びは、制作課題、エクササイズ(練習課題)、ワークショップ(体験を通じた学び)、プレゼンテーションと講評、関連講義など多岐にわたります。順序や内容は、学生の理解度や進度を見ながら細かな調整をする場合が多いです。

これらはもちろん、それぞれの教員が思いつきでやっているわけではなく、毎週打ち合わせの時間を持ち方向性や内容を議論しながら演習を進めています。(この部分の‘仕掛け’は通常は学生からは見えません。・・・って、ここに書いちゃったけど。(^^;)

続きを読む "チーム・ティーチングの学び"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポートフォリオの教科書

クリエイティブ業界に就職するためのポートフォリオの教科書
ワークスコーポレーション・編著

ポートフォリオについて何も知らない、相談したり指導してくれる相手(先生を含む)が近くに誰もいない、という人にはかなり役に立つと思います。(僕は、ふだんの演習授業やゼミの就職指導のなかで指導しているので、僕の授業やゼミを受けているひとにはこの本は要らないはず、なんですが。(^^; )

この本を‘参考にする’のはよいと思いますが、こうすれば就職用のポートフォリオが作れます、という‘正しい答え’や‘お手本’、あるいは‘マニュアル’のように誤解して使うのはやめたほうがいいでしょう。

 

続きを読む "ポートフォリオの教科書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿・川崎和男【放送予定】

カンブリア宮殿

工業デザイナー 川崎和男

2009年5月18日(月)
22:00〜22:54, テレビ東京

カンブリア宮殿:テレビ東京

| | トラックバック (0)

第4回 アックゼロヨン・アワード(応募受付中)

日本ウェブ協会主催 第4回アックゼロヨン・アワード

応募受付:2009年5月1日(金)〜6月30日(火)
審査期間:2009年7月1日(水)〜7月31日(金)

入賞発表:公式サイト上において発表。2009年8月17日を予定

第4回 アックゼロヨン・アワード
前回の入賞作品 | 第4回 アックゼロヨン・アワード

特定非営利活動法人 日本ウェブ協会(W2C)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKスペシャル マネー資本主義 第2回【放送予定】

NHKスペシャル マネー資本主義
第2回 超金余りはなぜ起きたのか
~カリスマ指導者たちの誤算~

5月17日(日)21:00~21:54
NHK総合テレビ

NHKスペシャル|マネー資本主義 第2回“超金余り”はなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5,000アクセス御礼

少しずつアクセスが増えてきました。

(^^)


初めての投稿:Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所: 新しいブログ始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「未来のモノのデザイン」輪読の予定

ノーマンの「未来のモノのデザイン」を、大学院のゼミで読むことにしました。

いまのところ、ゼミ生として指導している大学院2年生と台湾からの研究生(院卒)、そして私の3名での輪読です。人数が少ないのがちょっとさびしいですが、そのぶん濃い議論ができるかと。

初回は5月18日(月)15:00〜(4階 院生スペースにて)。
ノーマンの他の著作との関連やインタフェース・デザインにおける位置付けなどを概観したあと、序文と1章を読みます。

(いっしょに読みたいひとは、早めに吉橋に相談してください。情報デザインコース2年生以上、発表分担を推奨。)

スケジュール(2009.5.18追記)
5月25日:2,3章/6月8日:4,5章/6月22日:6,7章
隔週月曜、13:00〜14:30、4階 院生スペース

ちなみに、本書の原題は "The Design of Future Things "ですが、有名な「誰のためのデザイン?」の原題は "The Design of Everyday Things" です。この対比がポイント、かも。(^^)

原書:The Design of Future Things

関連リンク:
Information Design?!: 「未来のモノのデザイン」が届く。
Information Design?!: 再読「エモーショナル・デザイン」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

美大生、HBRを読む。

Hbr0904

このブログで何度か紹介している3年次演習「経験デザイン」ですが、きのうの授業では、「Harvard Business Review 2009年 04月号」の次の記事を‘教材’としてとりあげました。

「習慣」と「勤勉」,「模倣」と「学習」 創造は「心身の没頭」から始まる
トゥイラ・サープ (振付師)

経験デザインの演習では、「経験する(やってみる)」ことを発想の基本にしており、身体系のワークショップを多く取り入れています。また、創造(クリエイティブ)のためには‘習慣’を身に付けることが重要だと(担当の教員ふたりが)考えていて、創造・習慣・身体について振付師であるサープが語るこの記事は、この授業の教材として申し分ないと思いました。

続きを読む "美大生、HBRを読む。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資生堂・サントリーの商品デザイン展

第3回 企業のデザイン展
「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
-over a century of design by Shiseido & Suntory-

2009年5月13日(水)~6月1日(月)(会期中無休)
東京藝術大学大学美術館(上野公園)
陳列館 1階・2階展示室
入場無料

第3回企業のデザイン展「資生堂・サントリーの商品デザイン展」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年度・大学共同研究の成果 佐原プロジェクト

Sawara2008_1

Sawara2008_2

2008年度におこなった「佐原プロジェクト2008」の報告書(冊子)です。
このプロジェクトは、多摩美術大学 共同研究「歴史的住環境におけるデザインのあり方とその教育方法についての研究」の一部として実施されました。環境デザイン学科の岸本ゼミ(4年生)との共同プロジェクトです。

続きを読む "2008年度・大学共同研究の成果 佐原プロジェクト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年度・産学共同研究の成果・PBL科目

Pbl2008_1

Pbl2008_2_2

写真は、2008年度におこなったPBL科目「産学連携・企業ウェブサイトのデザイン」の報告書(成果をまとめた冊子)です。
この演習は多摩地域の中小企業との産学共同研究として実施され、8グループに分かれて企業の公式ウェブサイトのデザインを担当しました。報告書の編集・制作も学生チームが担当しています。

続きを読む "2008年度・産学共同研究の成果・PBL科目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Illustratorファーストステップ

illustratorによるデザインの入門から実践までをサポートする内容です。

 

本書の一部をイラストレーターの諏訪間千晃さんが担当されています(三章 lesson02)。諏訪間さんは多摩美上野毛の卒業生で、以前、情報デザイン学科の非常勤講師をお願いしていました。

[本] Illustratorファーストステップ —明日から使える「実践知識」「表現技法」|ワークスコーポレーション

【たまつづり】経由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業ブログいろいろ(千葉工大)

他の大学の授業ブログも紹介してみます。

InformationDesign1_2009
千葉工業大学工学部デザイン科学科 2009年度「情報デザイン論及び演習1」(3年次)のブログです。(ブログ担当:大学院生 深井くん) 僕もすこし授業のお手伝いをしています。

「視覚デザイン論および演習2」
同じくデザイン科学科の原田泰先生が担当されている3年次の授業です。レベル高そうです。

コミュニケーションデザイン研究室
こちらは原田先生の研究室のブログです。ブルーノ・ムナーリの「モノからモノが生まれる」を輪読しているようですね。

ブログに掲載されるのは授業の一部だけなので、もちろん細かいところまではわかりません。でも、授業のテーマや雰囲気はそれぞれ伝わってきますね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「経験デザインブログ」が始まりました。

3年生の授業「経験デザイン」の授業ブログがスタートしました。

経験デザインブログ

ブログの運営は、この授業を履修している学生たちが編集チームをつくって行ないます。教員とはちがう‘学生の視点から’演習授業の様子が綴られていくと思います。お楽しみに。

感想、応援、質問ほかコメントもぜひお願いします。>OBのみなさん、関係各位。m(_ _)m

僕が書いた授業概要はこちら:
Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所: 2009年度 3年次演習「経験デザイン」

ちなみに、今回のブログの開設は学生から申し出があったもので自主的に運営するものです。以前の経験デザインゼミのブログを見ていて、やってみたいと思ったのだそうです。 (^^)
参考:
経験デザイン、はじめました!(2007年度吉橋ゼミのブログ)
エクスペリエンス・デザイン ゼミ 2008 (2008年度吉橋ゼミのブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

純粋なる形象 展

純粋なる形象
ディーター・ラムスの時代―機能主義デザイン再考

2009年5月23日(土)〜7月20日(月祝)
府中市美術館

今年の始めに大阪で行われた同展覧会を見逃したので、東京への巡回はうれしい限りです。今回はぜひ行こうと思います。(^^)


純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代―機能主義デザイン再考|府中市美術館

5月23日には、武蔵美で記念シンポジウムがあります。

開催記念シンポジウム「ディーター・ラムスの時代」
5月23日(土)14:00〜16:30
武蔵野美術大学 1号館104号教室(小平市)
無料。先着220人。申込みは当日直接会場へ。
武蔵野美術大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップアスリート16人の身体論

時速250kmのシャトルが見える
−トップアスリート16人の身体論
佐々木正人 ・著

 
雑誌「VS.(バーサス)」でのインタビューを編集したものです。トップアスリート16人が自身の身体と環境について語っています。聞き手は生態心理学の第一人者である佐々木正人先生。「アフォーダンス」に対してこういうアプローチのしかたがあったのかと、驚かされます。

それぞれのアスリートが身体と環境について語っていますが、とりわけ、飛び込み選手やシンクロナイズドスイミング選手らが語る「水」は、想像を超えたものでした。彼らにとっての「水」という‘環境’は、どんなもので、どのように感じられ、そこでどのようにふるまっているかが詳細に語られていて、非常に興味深いです。

続きを読む "トップアスリート16人の身体論"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

追悼・雨上がりの夜空に

この曲がラジオから流れてきたころ、僕は高校生。

合掌... 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年度 2年次演習「変化のデザイン」

情報デザイン学科 情報デザインコース2年生の演習を紹介します。

2年次演習「変化のデザイン」(担当:吉橋昭夫)、授業のテーマは「動き」と「変化」です。

いま行なっているのは、ひとつめの課題の「動きの観察と表現」です。この課題では「動き」という‘情報’を扱うための基礎的なスキルを身に付けます。

まず、動物や魚の動きをよーーーく‘観察’して動きの特徴を見つけます。見つけた特徴を‘モデル化’して、最終的に単純な図形で‘動き’を表現した作品をつくります。モデル化には、単純化すること・動きの特徴を抽出すること・デフォルメすること・パターンを見出すことなどを含んでいます。

Ugoki090430
(観察で撮影した映像よりキャプチャー:学生による撮影)

続きを読む "2009年度 2年次演習「変化のデザイン」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »