« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

3GS

3gs_090629

手に入れたばかりなので、使い倒すのはこれから。(^^)

アップル - iPhone - ギャラリー - TV CM(リンク先 音が出ます)

32の白: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (1) | トラックバック (0)

研究発表

Jssd_nagoya

名古屋市立大学で開催された日本デザイン学会の研究発表大会に出席しました。

私見ですが、おもしろい研究発表にはふた通りあると思います。ひとつは、従来からある問いに対して新しいアプローチで新たな答えを出したもの、もうひとつは、新しい問いを立ててその答えを導こうと試みたもの。
前者の研究は比較的わかってもらいやすいですが、後者はすぐには理解してもらえないことが多いようです。

いろいろな発表や質疑応答を聞いていると、発表者と質問者の議論がすれ違う場面にしばしば出会います。両者の意見が異なって議論になっている場合もありますが、そもそも問いが共有できていないために議論が噛み合っていないという場面もよく目にします。

続きを読む "研究発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバードビジネススクール 

「ハーバードビジネススクール−不幸な人間の製造工場」, フィリップ・デルヴス・ブロートン(著)

まだ読みかけですが。

本を開いてすぐの、日本語版への序文、ペーパーバック版への追記、ここだけでも十分に刺激的、というか‘辛辣’すぎ。(^^;

ちなみに、原書のタイトルは "Ahead of the Curve: Two Years at Harvard Business School"(‘不幸な−’っていうのはどこから?)

いろんな意味で「遠い国の別世界」の話なので、自分の‘2年間’とはまったく重ならず。(とくに重ねたくもなく。(^^;)

 

日経BP書店|商品詳細-ハーバードビジネススクール

Harvard Business School

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超感性経営

超感性経営―ソニー伝説のストラテジストが授けるデザインマネジメント・メソッド:25
渡辺英夫, 「超感性経営」編集委員会・著

デザインマネジメントをテーマとした本ですが、単にデザイン分野のマネジメントを超えて、企業の価値を高めるための「経営書」といってよいと思います。

製品デザインのマネジメント、創造的な組織のマネジメント、そして、創造性やイノベーションに興味のある方に。

 

ラトルズの本:超感性経営 ソニー伝説のストラテジストが授ける、デザインマネジメント・メソッド25

続きを読む "超感性経営"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気持ちが伝わる ケータイメール術

まる得 マガジン
気持ちが伝わる ケータイメール術

NHK教育テレビ
月〜木 11:55〜12:00
再放送:月〜木 21:55〜22:00

たまたま目にした教育テレビの番組です。たった5分間なのにすごくよくできてます。
具体的なメールの文面を見せながら、こういうふうにすると真意が伝わりますよ、とか、よりていねいな印象を与えますよ、っていう感じで解説してくれます。

メールの例文を見ていて、教えてもらわないとこういうやりとりもできないのかしら、と思う反面、(ケータイメールは)新しいコミュニケーションのメディアなので、マナーや作法をちゃんと知らせる必要もあるよね、と思ったり。

くらしのパートナー:まる得マガジン

テキストも出てます。(^^;
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうの多摩美(霧雨)2009.6.22

Tamabi090622_2
Tamabi090622_1

ガスがかかって遠くがかすんでいます。雨で濡れた緑がきれいです。
(16:00ごろ、ケータイで撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

32の白

"iPhone3G s 3GS"を予約してきました。(ソフトバンク表参道)

でも、金曜から週末にかけて名古屋出張なので、発売後すぐには受け取りに行けません。orz

発売日26日。手にできるのは29日以降...(引き渡し期限は30日)

アップル - iPhone - 携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。
iPhone 3G | SoftBank

続きを読む "32の白"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あそびじゅつ(多摩美 生涯学習プログラム)

多摩美術大学 生涯学習プログラム
2009夏期講座
好奇心の学校「あそびじゅつ」 多摩美術小中学校開校

夏期講座の内容が公開されました。
講座内容、申し込み方法、申し込み締切など、詳細は下記のリンクをごらんください。親子学級もあります。
あそびじゅつ|多摩美術大学 生涯学習センター

多摩美術大学 生涯学習センター

多摩美術大学(公式サイト) 経由)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーキテクト・スケッチ・ワークス 2

建築家のスケッチを集めた「アーキテクト・スケッチ・ワークス」の「2」が出ました。コンセプト段階などで描かれた「手描き」のスケッチと、完成した「建築」が並んで載っています。
「手描きのスケッチ」の重要性を再認識させてくれる本です。

「建築家にとって スケッチはもっとも芸術的な 創造行為である」(本書オビより)

第2巻掲載 建築家:
ノーマン・フォスター
マッシミリアーノ・フクサス
伊東 豊雄
北川原 温
隈 研吾
内藤 廣
ドミニク・ペロー
ヴォルフ D. プリックス-コープ・ヒンメルブラウ
アルヴァロ・シザ
高松 伸

グラフィック社 書籍詳細

以前の紹介記事:Information Design?!: アーキテクト・スケッチ・ワークス 01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロボットと暮らす明日」−日本デザイン学会

詳しい内容がわかりましたので、掲載しておきます。

日本デザイン学会春季研究発表大会
オーガナイズドセッション(a)「ロボットと暮らす明日」
6月26日(金)14:40〜16:10, A会場(名古屋市立大学 芸術工学部 北千種キャンパス)

●オーガナイザー:
古屋繁(拓殖大学),長田純一(NECデザイン&プロモーション)

●内容(抜粋):
 ロボットが今後,社会に浸透し,共生していくには,同様な社会インフラやルールの整備,モラルの確立,さらには, 人の意識や捉え方といった, まさにロボットのためのグランドデザインを進めることが求められています。
 そこで,本オーガナイズドセッションでは,生活基盤や人間の心のありようや文化など,社会様々な側面から語り、ロボットと人間が共生するためにデザインが担うべき事柄や課題について考えていく予定です。

●パネラー(予定):
トヨタ自動車株式会社 デザイン開発部コンポーネントデザイン室 主任 松田義裕
 「ウィングレットを中心にしたパーソナルモビリティーの展開」
株式会社ジャイロウォーク 代表取締役 石古暢良
 「現在進行形ロボットビジネス−未来型ベンチャービジネス《ロボティクス プロデュース》カンパニー!?−」
作家 瀬名秀明
 「生命とコミュニケーションの再デザイン 文化としてのロボット」

(オーガナイザーの長田さん、情報提供ありがとうございます。)

※基調講演とオーガナイズドセッション(a)(b)(c)は、一般公開講演として無料で公開されるそうです(要・申込み, 6月21日(日)締め切り)。
一般公開講演のご案内(pdf)

第56回日本デザイン学会春季研究発表大会

日本デザイン学会 春季研究発表大会: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「わがドラッカー流経営論」柳井正

NHK知る楽 仕事学のすすめ(6月)
「わがドラッカー流経営論」(全4回)

出演:柳井正(ファーストリテイリング会長兼社長)
トランスレーター:勝間和代/藤巻幸夫

6月4,11,18,25日(木)22:25〜22:50
NHK教育テレビ
再放送:翌週5:35〜6:00

初回を見逃しました...orz(正確に言うと、ちょっとだけ見ていたことにいま気づきました。あれがそうだったのか...)2回目(本放送11日)は、あす18日の再放送をフォローする予定。

木曜日 仕事学のすすめ|NHK知る楽
株式会社 ファーストリテイリング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古レールの駅 デザイン図鑑

著者は、岸本章先生(多摩美術大学環境デザイン学科 教授、建築家、岸本章設計所主宰)。

古レールでつくられた駅ホームの上家(屋根の部分)が丹念なフィールドワークで記録されており、まさに「図鑑」になっています。収録された数は、なんと242駅。

ひとつひとつの(アノニマスな)「デザイン」について、ていねいにコメントが付されており、見ごたえ読みごたえ十分です。

 

鹿島出版会
環境デザインマニアック・Environmental Design Maniac(岸本先生のウェブサイト)

(岸本先生から献本いただきました。ありがとうございます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼:プロレスラー三沢光晴

訃報を聞き言葉になりませんでした。まだ信じられない気持ちです。
K-1や総合格闘技の放映が始まるずっと前から、リングで戦う三沢選手の姿をTVでいつも見ていました。

ここ数日のニュースで、自分と同い年であることを知りました。

若すぎます。残念です。・・・合掌。

YouTube - 三沢光晴 必殺技集

|

日本デザイン学会 春季研究発表大会

第56回 日本デザイン学会 春季研究発表大会
「想像」する「創造」−人間とデザインの新しい関係

2009年6月26日(金)〜28日(日)
名古屋市立大学 芸術工学部 北千種キャンパス

第56回日本デザイン学会春季研究発表大会

ゼミの大学院生が発表します(ポスター発表)。

「人の日常の行動に基づくユーザ・インタフェースのデザイン」
斉田正幸(多摩美術大学大学院),吉橋昭夫(多摩美術大学)
6月28日(日)11:00〜12:10, P会場
※ポスターによる発表に加えてデバイスによるデモを予定しています。

関連:2008年度・産学共同研究の成果報告会: Knowledge Design Lab.

ロボットデザインに関連するセッションがあるので、聞きに行こうと思っています。
D.A.ノーマンが最新刊「未来のモノのデザイン」で取り上げたように、高度な知性を持った人工物である‘ロボット’をどうデザインするかはインタフェース・デザイン/情報デザインの最も新しいテーマです。

オーガナイズドセッション(a):「ロボットと暮らす明日」
6月26日(金)14:40〜16:10, A会場
オーガナイザー:古屋繁(拓殖大学),長田純一(NECデザイン)
パネリスト:福田敏男(名古屋大学),瀬名秀明(作家)他

関連:「未来のモノのデザイン」輪読の予定: Knowledge Design Lab.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100人の築地 2009/03/28/SAT

レンズ付フィルムによる写真展―人・建築・都市を記憶する
「100人の築地 2009/03/28/SAT」

開催中〜6月12日(金)まで。
10:00〜18:00(日曜・祝日休館、最終日17:00まで)
GALLERY A4:竹中工務店東京本社1F(東陽町)
入場無料

最近知りました。行けるかなぁ。。。微妙。

Gallery A4
レンズ付フィルムによるイベント&写真展「100人の築地 2009/03/28/SAT」 - イベント・セミナー情報|建築知識|X-Knowledge

dolablog: 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKスペシャル マネー資本主義 第3回【放送予定】

NHKスペシャル マネー資本主義
第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか

2009年6月14日(日)21:00~21:54
NHK総合

NHKスペシャル|マネー資本主義 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか
NHKスペシャル|シリーズ マネー資本主義

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリエイティブ初心者のためのFlash講座

マイコミジャーナル
コラム「クリエイティブ初心者のためのFlash講座」

伊藤のりゆき(NORI)さんの‘Flash講座’です。はじめての方にも、復習希望の方にも。(^^)

最新の掲載は第4回です(下記)。

http://journal.mycom.co.jp/column/flashkouza/004/index.html

クリエイティブ初心者のためのFlash講座 | コラム | クリエイティブ | マイコミジャーナル

関連リンク:
TOGORU Company, Ltd.
Snap || Nothing(スナップ・オア・ナッシング) by 伊藤紀之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織学会に行ってみた。

Soshiki_gakkai01
仙台国際センターにて(写真 上:入り口)。2日めの朝から参加。
大学が会場になっていない学会は初めて。そして、知り合いがひとりもいない発表大会っていうのも、初めて。(^^;

Soshiki_gakkai02
午前中の特別講演は作家・瀬名秀明氏による「違和感が生み出す 境界知のダイナミズム」。違和感から創造性へとつながる興味深い話。(写真 下:開演前の会場)
境界知のダイナミズム

午後のテーマセッション「意味的価値創造の製品開発マネジメント」では、意味的価値の実現という視点から‘デザイン’と製品開発に関する研究報告と議論があり。組織学会で「デザイン」が扱われている現実と、その‘デザインに対する理解’ってどーなの?という現実と。でも、それが今回のなによりの収穫。

発表に対して次々質問の手が挙がり活気のある学会という印象。予想以上に若手の研究者多し。これならTGS在学中に(発表しなくてもいいから)来ればよかったなー。(^^;(いまさら)
組織学会 研究発表大会: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

続きを読む "組織学会に行ってみた。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネスで失敗する人の10の法則

 
著者のドナルド・R・キーオは、コカ・コーラ元社長兼COO。序文を書いてるのはウォーレン・バフェット。(^^;

法則1 リスクをとるのを止める
法則2 柔軟性をなくす
法則3 部下を遠ざける
法則4 自分は無謬だと考える
法則5 反則すれすれのところで戦う
法則6 考えるのに時間を使わない
法則7 専門家と外部コンサルタントを全面的に信頼する
法則8 官僚組織を愛する
法則9 一貫性のないメッセージを送る
法則10 将来を恐れる

続きを読む "ビジネスで失敗する人の10の法則"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アックゼロヨン・アワードの審査員

アックゼロヨン・アワードの審査員25名を紹介するページが公開されました。
今回、私も審査員をつとめさせていただきます。

審査員紹介 | 第4回 アックゼロヨン・アワード
(上記リンク先、ページの下の方に載ってます。(^^; )

アックゼロヨン・アワードは現在応募受付中です。受付期間は2009年6月30日(火)まで。
第4回 アックゼロヨン・アワード

…このブログを読んでいる、多摩美情報デザイン学科の卒業生で、いまウェブ・デザインの仕事をしているそこの「あなた」っ、応募しましょう。ぜひよろしく。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【再掲】インフォグラフィックス展 2009

インフォグラフィックス展2009〜見ることのデザイン〜

6月6日(土)12:00〜19:00
6月7日(日)10:00〜19:00

東京都市大学横浜キャンパス
3号館4F グループワークルーム
アクセス
主催:東京都市大学環境情報学部 小池情報デザイン研究室

インフォグラフィックス展2009-見ることのデザイン-: Koike Social Design Lab.

今週末の開催です。

前回のエントリー:インフォグラフィックス展 2009: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

※時間訂正しました/課外授業ようこそ先輩 森本千絵【放送予定】

課外授業ようこそ先輩

「“ハッピー”を贈ろう!」森本千絵(アートディレクター)
目黒星美学園小学校(東京都)

6月7日(日)20:25〜20:54 8:25〜8:54【時間訂正】
NHK総合

NHK 課外授業ようこそ先輩 | トップページ(予告動画あり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The philosophy of Nintendo

任天堂 “驚き”を生む方程式
−The philosophy of Nintendo−

 
買いました。ゆっくり読んでいる時間がないので、ひとまず紹介だけ。

ざっと目を走らせただけですが、読みごたえありそうです。(^^)(まだ書評は書けない...)

任天堂 “驚き”を生む方程式 - 井上理|日本経済新聞出版社

任天堂ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wordless Diagrams

1 2 3 4 (Wordless Diagrams)
Nigel Holmes・著

 

この本に載っているダイアグラム(インフォグラフィックス)には文字が全く使われていません。絵や図だけでこんなに表現できるんですね。

3年生の演習で‘説明書(あそびの手順を説明する冊子)’をデザインする際の参考にしたいと思います。(^^)

Wordless Diagrams - Nigel Holmes
Nigel Holmes - Home

(Amazonアフェリエイトの注文履歴 経由。どなたが購入されたのかは(当然ですが)わからないようになってます。)

関連:
TUBE GRAPHICS/インフォグラフィックな会社「ダイアグラム・地図・図解・グラフ・ピクトグラム・チャート・情報デザイン」
インフォグラフィックスのもう一つの意味 - kamihira_log

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「誰のためのデザイン」を読んで発表する授業

Norman0905

このごろ教室(オープンスペース)のあちこちで、本やノートを広げて打合せをしている学生のグループをいくつも見かけます。通りすがりにのぞき込んでみると、、、そこに広げてあったのはノーマンの「誰のためのデザイン?」でした。

情報デザイン学科の専門講義科目「ヒューマンインタフェース」(矢野英樹 講師)で、グループごとに担当した章をまとめて発表するのだそうです。(専門講義科目は、2,3年次の選択必修)

読み慣れない(認知心理学の)専門用語に苦労しているようでしたが、これまでのデザイン演習の課題や身の回りにある製品のデザインなどと関連付けて、まずは自分なりに理解してみるとよいと思います。
認知科学者が書いた本なのでいまは難解で理解できない部分もあると思いますが、いちど学んでおけば、イザとなったら(より高度な内容が必要となったときには)自分でその先を学ぶことができますから。

続きを読む "「誰のためのデザイン」を読んで発表する授業"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

情報社会に求められる新しいデザイン分野

デザイン系学科をめざすあなたへ−赤本ポケット 高校生のための進路ガイド

 
高校生・受験生向けに大学のデザイン系学科について紹介・解説した本です。昨年末、出版社の依頼で下記のコラム(2ページ)を執筆しました。出版されたのはつい先日です(原稿書いたのを忘れたころに連絡がありました...(^^; )。

コラム 情報デザイン(P94-95)
「情報社会に求められる新しいデザイン分野」多摩美術大学 吉橋昭夫

「情報デザイン」に関連して、このほかに「働く先輩インタビュー」の章に‘インタラクション・デザイナー’として梅澤朝樹さん(武蔵美 デザイン情報学科OB)が登場して、学生時代のことや某社での仕事の内容を語っています(P167-172)。

私が担当したコラムはわずか2ページなので、情報デザインをすべて説明できるわけもなく。。。梅澤さんのインタビューと合わせて読んでもらえると、高校生にも少しはわかってもらえるかなぁ。

続きを読む "情報社会に求められる新しいデザイン分野"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »