« 出来事の視覚化−情報デザインフォーラムの発表から | トップページ | プロダクトデザイン »

後期3年次演習「サービス・デザイン」

多摩美は今日から後期の授業が始まりました。以下は、後期に担当する3年生の演習です。今日は初日のガイダンスとイントロダクションでした。

多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース
情報デザイン演習ⅤI 「サービス・デザイン」
担当:須永剛司・吉橋昭夫,履修学生21名

テーマ:「食に関わるサービスのデザイン」

1.概要:
「サービス」は、人と人、人と情報との新しい関係を生み出す、比較的新しいデザインの対象である。本演習では、具体的なサービスを考案しインタラクションをデザインする経験を通じて、人と情報との関係を整理し、サービスをデザインする基本的なプロセスと手法を学ぶ。 

2.テーマ:
「食に関わるサービス」… 農(つくること)、料理すること、たべること、片付けることなど、食にまつわるさまざまなできごとをテーマとし、サービスをデザインし提案する。

3.プロセス:
1)以下の視点からサービスを考えていく
 a.「活動」を基盤とする視点(主に須永が担当):
 b.「ビジネス」からの視点(主に吉橋が担当):
2)経験とプロトタイピングによるデザイン

サービスという'見えない'活動や体験、サービスの周りにある様々な'見えない'情報とその動き を扱うには、まず「見えるようになる」練習(エクササイズ)が必要です。
あす以降、ワークショップや講義、体験や表現などを行いながら、少しずつ進めていきます。そしてやがて、情報デザイン、サービス・デザインの「核心」へ。(^^)

参考:
Information Design?!: サービス・マネジメント入門
Information Design?!: サービス・マーケティング
Information Design?!: インタラクションデザインの教科書

|

« 出来事の視覚化−情報デザインフォーラムの発表から | トップページ | プロダクトデザイン »

大学・教育」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/46119931

この記事へのトラックバック一覧です: 後期3年次演習「サービス・デザイン」:

« 出来事の視覚化−情報デザインフォーラムの発表から | トップページ | プロダクトデザイン »