« グラフィックデザイン学科 アニメーションクラス 作品展示 | トップページ | タグあり ー タグなし »

融知創新−富士フイルム先進研究所

Fuji_film

「富士フィルム先進研究所」の見学に行ってきました。同社デザインセンターの小島さんにご案内いただき、所内を見学させていただきました。(所内は撮影禁止なので、内部の様子はリンク先をご覧ください。)
フォトツアー | 富士フイルム

多摩大学大学院の紺野先生の授業や「サラサラの組織」「『型』と『場』のマネジメント」などで取り上げられていた‘知識創造の現場’を、念願かなって見ることができました。また、研究者とデザイナーのコラボレーションによる「タッチゾーンワークショップ」と、そこから生まれる「技術アート」についても、プロトタイプに触れたり、詳しいお話をお聞きすることができました。

情報技術や工学の研究所は仕事などでいくつか訪問したことがありますが、化学・物理学・医薬といった領域の研究所を見学するのは初めてです。ナノテクノロジー、機能性材料、有機合成化学、創薬技術、ライフサイエンス、、、などの研究領域は、「デザイン」から見ると‘別世界’に近いものです。(^^;

エンジニアリングとデザインの組合せは、エレクトロニクス製品の開発においてはごくふつうのことですが、この研究所のような様々な研究領域とデザインとの‘直接的な’コラボレーションは、あまり例がないと思います。このような取り組みからどのような成果が生まれてくるか、たいへん興味深いですし、これからのデザイナーの役割を考える上でも貴重な先例になると感じました。

小島さま、先進研究所のみなさま、ありがとうございました。

富士フイルム先進研究所 | 富士フイルム
ホーム | 富士フイルム

富士フイルム先進研究所は、2007年度のグッドデザイン賞を受賞しています。デザイン:(株)東畑建築事務所。(建築・環境デザイン部門/建築デザイン)
受賞歴 | 東畑建築事務所

過去記事:
Information Design?!: サラサラの組織
Information Design?!: 「型」と「場」のマネジメント

|

« グラフィックデザイン学科 アニメーションクラス 作品展示 | トップページ | タグあり ー タグなし »

デザイン」カテゴリの記事

知識デザイン」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

とても興味深い研究所ですね。
「サラサラの組織」は私も読みました。
中間管理職への取材の部分がとても共感して、苦笑しながら読んだのをおぼえています。

機会があれば、ぜひ私も見学してみたいです。

投稿: てきぃ | 2009.10.15 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/46487389

この記事へのトラックバック一覧です: 融知創新−富士フイルム先進研究所:

« グラフィックデザイン学科 アニメーションクラス 作品展示 | トップページ | タグあり ー タグなし »