« Ignore Everybody : and 39 Other Keys to Creativity | トップページ | 20歳のときに知っておきたかったこと »

仕事ってこういうことだったのか

「仕事ってこういうことだったのか 先輩たちが教えてくれたこと」, チーム20S5・著


「仕事」についての本です。この春卒業・修了する学部生と院生のチームがインタビューを担当しています。

学生がインタビュアーをつとめたせいでしょうか、登場する‘先輩’たちの「語り口」がいわゆる一般の仕事を語るものとはちょっとちがう気がします。インタビューする20代前半の学生たちを前にして、単に自分の仕事について話すだけではなく、生き方や価値観を振り返りつつ自分で確かめながら語っているという印象を受けます。

僕がまっ先に読んだのは、映画監督/演出家の 堤 幸彦さん、次は、漆 紫穂子さん(品川女学院校長)のインタビューです。自分が興味を持った人のインタビューから読むと、読みやすいのではないかと。

就活中の学生にも、仕事について考えている20代にも、いまはすっかりプロだけどむかし20代だったひとにも。…それぞれの読み方、味わい方があるのではないかと思います。

『仕事ってこういうことだったのか』|かんき出版
就職直前!学生5人組がビジネス本を出します。

|

« Ignore Everybody : and 39 Other Keys to Creativity | トップページ | 20歳のときに知っておきたかったこと »

その他の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/47836025

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事ってこういうことだったのか:

« Ignore Everybody : and 39 Other Keys to Creativity | トップページ | 20歳のときに知っておきたかったこと »