« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

【放送予定】情熱大陸 編集者 松岡正剛

情熱大陸
編集者 松岡正剛
2010年7月4日(日),23:00〜23:30
毎日放送/TBS系列

情熱大陸

松丸本舗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【続報】多摩美 オープンキャンパス2010

オープンキャンパス2010(八王子キャンパス)開催概要

美術学部・造形表現学部(夜間)・大学院・芸術人類学研究所・生涯学習センター
2010年7月17日(土),18日(日)
9:00~16:30 [予約不要、入退場自由]
八王子キャンパス

多摩美術大学|オープンキャンパス

●オープンキャンパス内にて開催:
「情報デザイン学科 情報デザインコース 前期成果展」

以下は、前期に私が担当した演習授業です(展示発表を予定)。

【経験デザイン領域】
 2年生「動きと変化の表現」(吉橋)
 3年生「あそびのデザイン」(◎矢野,須永,吉橋,永井)(◎:主担当)
 4年生「‘味噌をつくる経験’のインフォグラフィックス」(矢野+吉橋 合同ゼミ)

公開プレゼンテーションの日程など詳細が決まり次第、このブログでご案内いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れを経営する - Managing Flow

流れを経営する−持続的イノベーション企業の動態理論
野中 郁次郎, 遠山 亮子, 平田 透・著

書籍 流れを経営する | 商品案内 | 東洋経済オンライン

(追記 2010.6.28)

「はじめに」によると、当初は"Managing Flow"の日本語版として翻訳作業を始めたそうですが、事例のアップデートや理論編の発展などの必要が生じ、英語版とはかなり異なった本になったとのことです。

英語版目次はこちらから:Amazon.com: Managing Flow: A Process Theory of the Knowledge-Based Firm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美 生涯学習プログラム 2010年度夏期講座

多摩美術大学生涯学習プログラム 夏期講座の受講生募集が始まっています。
 
小中学生を対象とした「あそびじゅつ」全17講座。親子で参加できる講座もあります。
お問い合わせ・お申し込みは、下記のウェブサイトをごらんください。

多摩美術大学 生涯学習センター

多摩美術大学(公式サイト) 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーノ・ムナーリ 展

ブルーノ・ムナーリ展 アートの楽しい見つけ方

2010年6月26日(土)~8月29日(日)
休館:7月5日(月),8月2日(月)
横須賀美術館

ブルーノ・ムナーリ展|横須賀美術館

関連イベント(ワークショップ等)もあります。
イベント|横須賀美術館

横須賀美術館、まだ行ったことないので出かけてみようかなぁ。ちょっと遠いけど。(^^;

kojicozy on Twitter 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

52,000アクセス 御礼

50,000アクセスをすっかり見逃しており、ふと気づけば52,000アクセス越え。・・・中途半端でスミマセン。(^^;

いつもありがとうございます。

40,000アクセス 御礼: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域資源を活用した地域振興デザインを考える−長野県版

日本デザイン学会 第57回春季研究発表大会から、聞きたいと思っているオーガナイズドセッションを紹介します。

オーガナイズドセッションB
「地域資源を活用した地域振興デザインを考える−長野県版」

代表者:宮崎清(千葉大学名誉教授,放送大学特任教授・千葉学習センター所長)
パネリスト:鈴木進(長野県地域資源製品開発支援センター)、五味英紀(長野県デザイン振興協会 理事・事務局長)ほか。

2010年7月3日(土),16:50〜18:20
長野大学 リブロホール

日本デザイン学会 第57回春季研究発表会

セッション代表者の宮崎先生は私の学部時代の恩師です。4年の研究室(意匠論意匠史)では、地域との関わり方やフィールドワークの基礎をじっくりと学びました(というか、たたき込まれたというか(^^; )
当時の様々な教えは、私のデザインやデザイン観の奥深いところでいまでも生きています。


続きを読む "地域資源を活用した地域振興デザインを考える−長野県版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本デザイン学会 発表概要が公開されています

7月2,3,4日に行われる日本デザイン学会・第57回春季研究発表大会の発表概要が公開されています。

日本デザイン学会 - 第57回春季研究発表大会の概要公開サイトのお知らせ

日本デザイン学会 第57回春季研究発表大会(公式サイト)

タイトルや発表者、予稿集原稿をみて、気になった発表をいくつかあげてみます。あくまでも私の関心と興味です。(研究・発表内容の優劣を示すものではありません)共同研究者は一部省略、[ ]内は発表番号。

■口頭発表:

「出来事の持つ構造を記録として視覚化するデザイン−活動記録冊子のページレイアウトを題材として」 等々力 心太朗, 原田 泰(千葉工業大学),[A13]
「出来事を視覚化するドキュメント・ウォールの活用−ノウハウの抽出とツール開発に向けた考察」 原田 泰(千葉工業大学),[A14]

上記2件は、RTD(リアルタイム・ドキュメンテーション)関連の研究。リアルタイム・ペーパー(A13)と、ドキュメント・ウォール(A14) など、昨年からの展開に興味があります。

「コンセキメソッドのウェブサービスへの適用−行動ログを用いたユーザインタフェースデザイン研究」 寺沢 秀雄(公立はこだて未来大学)ほか,[B11]
「出来事のデザインに関する一考察−実践活動における学びの観察記録ツールのデザインを事例として」 植村 朋弘(多摩美術大学)ほか,[B13]
も、おもしろそうです。

続きを読む "日本デザイン学会 発表概要が公開されています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ直感のほうが上手くいくのか?

「なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている」,ゲルト・ギーゲレンツァー・著

著者は、マックス・プランク人間発達研究所の適応行動・認知学センター所長 Gerd Gigerenzer氏。原書は、"Gut Feelings : The Intelligence of the Unconscious"

まだ読み始めたところ。これからも‘直感を信じる’ために、直感についてきちんと知っておきたいな、と。

「私たちは言葉を尽くしても語り得ないことまで知っているのだ。」(1章 直感という近道 より)

本書では、次の3つの用語を使い分けている。
 直感 (gut feeling):一瞬で意識にのぼる判断
 直観 (intuition):基になっている理由が自分でもよくわからない判断
 勘 (hunch):行動に移すに足る確固たる判断


ギーゲレンツァー なぜ直感のほうが上手くいくのか?|インターシフトの本

マックス・プランク人間発達研究所:
Max Planck Institute for Human Development, Berlin, Germany
MPI for Human Development : Gigerenzer, Gerd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フセイン・チャラヤン 展

フセイン・チャラヤン - ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅

2010年4月3日(土)〜6月20日(日),10:00〜18:00
東京都現代美術館

このデザイナーのことを初めて知ったのは、テクノロジーを駆使して光ったり動いたり変化したりする「服」が発表されたとき。
見に行かねばと思っているうちに、今週末が会期末... 忘れないようにしないと。

東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

(1093@mixi 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美術大学校友会 サイトリニューアル

多摩美術大学校友会のウェブサイトがリニューアルされました。

校友会の会員:
「現在の会員は約33,000人です。(2010年4月現在)
多摩帝国美術学校、多摩造形芸術専門学校、多摩美術短期大学、多摩美術大学、多摩美術大学大学院、多摩芸術学園を卒業、修了した方は、全て会員となっています。」(サイトより転載)

多摩美術大学校友会

7月17日(土)のオープンキャンパスでは、校友会の第16回定期総会(13:30~15:00)、ホームカミングデイ2010・ガーデン同窓会などのイベントが予定されています。

第16回定期総会・各種イベントについて - 多摩美校友会 ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「手描き」から創るデザイン(デザインノートNO.31)

デザインノート NO.31

トップアートディレクターが魅せる
「手描き」から創るデザイン

プロのアートディレクターや、デザイナーが仕事の中で描いた「手描き」のスケッチやラフ、絵コンテが数多く載っています。

スケッチや絵コンテなどのビジュアルだけでなく、対談や説明の中で彼らが語る「手描きの意味や価値」の話は、かなり興味深いです。
いまの時代にデザインを学んでいる学生のみなさんは必読でしょう。‘コンピュータの時代’になぜ「手描き」なのか、がわかると思います。

特集:トップアートディレクターが魅せる 「手描き」から創るデザイン
 森本千絵、寄藤文平、箭内道彦、中島信也、水野 学、佐野研二郎 ほか。

Art Director's Talk 2 水野学 x 佐野研二郎「デザインは『手』で考える」
スペシャル対談:箭内道彦 x 中島信也「手描きの必然性を考える」
など。

 
誠文堂新光社/商品詳細 デザインノートNO.31

ちなみに、この号のウラを返すと‘多摩美術大学’の広告が載ってます。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱大陸−安藤忠雄【放送予定】

情熱大陸
600回記念シリーズ 第三弾
建築家 安藤忠雄

2010年6月13日(日),23:00〜23:30
毎日放送/TBS系列局

安藤忠雄(建築家): 情熱大陸

情熱大陸 (jounetsu) on Twitter 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ウェブ協会 教育プログラム

日本ウェブ協会の、学生会員を対象にした「教育プログラム」です。(以下、公式サイトより抜粋)

アカデミックプログラム
 毎週土曜日13時よりスタート。
 講義+デッスカッションという形式で2時間を予定。

プロフェッショナルプログラム
 毎週火曜日19時よりスタート。
 講義中心に2時間のプログラムを予定。

活動内容:教育プログラム

ブラウザの歴史 | アカデミックプログラム:日本ウェブ協会【会員以外でも聴講できます】

活動内容:学生会員|日本ウェブ協会(会費、入会方法、学生部について など)
日本ウェブ協会学生部ブログ

日本ウェブ協会 (W2C_Japan) on Twitter 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフォグラフィックス展2010(小池情報デザイン研究室)

インフォグラフィックス展2010

2010年6月5日(土)12:00~18:00
2010年6月6日(日)10:00~17:00

東京都市大学環境情報学部
3号館4階 グループワークルーム
入場無料

小池研究室3年生のインフォグラフィックスの作品展です。下記の講演会もあります。(当日は、東京都市大学横浜キャンパスの学園祭が開催されています。)

講演:
「共同通信のインフォグラフィックスへの取り組み」
 共同通信グラフィックス部 部長 小野完次 氏
2010年6月6日(日)13:00~14:00
グループワークルーム

USTREAMにて生放送予定:InfoGraphics_ch on USTREAM
Twitter:#IG_2010 - Twitter Search

展覧会公式サイト:Infomation Graphics展 2010 ~小池情報デザイン研究室~

小池先生のブログ:インフォグラフィックス展2010: Koike Information Design Lab.(Social Design)

(小池先生よりご案内をいただきました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »