« フセイン・チャラヤン 展 | トップページ | 日本デザイン学会 発表概要が公開されています »

2010.06.17

なぜ直感のほうが上手くいくのか?

「なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている」,ゲルト・ギーゲレンツァー・著

著者は、マックス・プランク人間発達研究所の適応行動・認知学センター所長 Gerd Gigerenzer氏。原書は、"Gut Feelings : The Intelligence of the Unconscious"

まだ読み始めたところ。これからも‘直感を信じる’ために、直感についてきちんと知っておきたいな、と。

「私たちは言葉を尽くしても語り得ないことまで知っているのだ。」(1章 直感という近道 より)

本書では、次の3つの用語を使い分けている。
 直感 (gut feeling):一瞬で意識にのぼる判断
 直観 (intuition):基になっている理由が自分でもよくわからない判断
 勘 (hunch):行動に移すに足る確固たる判断


ギーゲレンツァー なぜ直感のほうが上手くいくのか?|インターシフトの本

マックス・プランク人間発達研究所:
Max Planck Institute for Human Development, Berlin, Germany
MPI for Human Development : Gigerenzer, Gerd

« フセイン・チャラヤン 展 | トップページ | 日本デザイン学会 発表概要が公開されています »

その他の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ直感のほうが上手くいくのか?:

« フセイン・チャラヤン 展 | トップページ | 日本デザイン学会 発表概要が公開されています »

検索


  • Google

    ブログ内 ウェブ全体

facebook