« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

プロフェッショナル 仕事の流儀 佐藤卓【放送予定】

プロフェッショナル 仕事の流儀
“自分”を消して、ヒットを生み出す
グラフィックデザイナー・佐藤 卓

2010年11月29日(月),22:00~22:48
NHK総合

放送予定 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

(放送後に追記 201011.30)

「(プロフェッショナルとは)さりげなくいい仕事をする人。がんばるとかいっしょうけんめいとか、表に出すな、っていうふうに思うんですね。がんばるとかいっしょうけんめいなんて、あたり前だっていうことなんです。」(佐藤卓)

第149回 佐藤 卓(2010年11月29日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

再放送:
12月1日(水)0:15〜 (火曜深夜), 総合
12月6日(月)11:00〜, BS2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACC50周年企画DVDシリーズ

ACC50周年企画DVDシリーズ
「CMにチャンネルをあわせた日 杉山登志TVCM作品集」
「もう一度観たい 日本の CM50年」


avex io : ~ACC50周年企画DVDシリーズ~

(社)全日本シーエム放送連盟(ACC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故 加藤雄章様を「送る会」

加藤先生のような深みのある教育は私にはまだまだできませんが、先生からいただいたお言葉を胸に刻んで精進します。
ありがとうございました。

故 加藤雄章様を「送る会」, 2010年11月27日(土)16:00~18:00, アクシスギャラリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Living with Complexity

「Living with Complexity」, Donald A. Norman・著


きのう届いて(注文してから10日)、読み始めたばかり。
Chapter 6 : Systems and Services とか、Chapter 7 : The Design of Waits あたりが面白そうなので、まずはパラパラと拾い読み中。

熟読してから書評を書こうとするといつになるかわからないので(汗)、ひとまず。

目次:
Chapter 1 : Living With Complexity: Why complexity is necessary
Chapter 2 : Simplicity Is in the Mind
Chapter 3 : How Simple Things Can Complicate Our Lives
Chapter 4 : Social Signifiers
Chapter 5 : Sociable Design
Chapter 6 : Systems and Services
Chapter 7 : The Design of Waits
Chapter 8 : Managing Complexity: A Partnership
Chapter 9 : The Challenge

Don Norman's jnd.org / user advocacy and human-centered design

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土門拳 作品展「室生寺」

土門拳 作品展「室生寺」

第1部:2010年10月1日(金)〜11月30日(火)
第2部:2010年12月1日(水)〜2011年1月31日(月)
10:00〜19:00 期間中無休
※2010年12月28日(火)〜2011年1月3日(月)は休館

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館(六本木 東京ミッドタウン)
入場無料

土門拳 作品展「室生寺」開催のお知らせ : 写真展・イベント情報 | FUJIFILM SQUARE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SO+ZO 展「未来をひらく造形の過去と現在 1960s→」

デザインの時代、アートの息吹
桑沢デザイン研究所+東京造形大学
SO+ZO 展「未来をひらく造形の過去と現在 1960s→」

2010年11月13日(土)〜11月28日(日),無休
第1会場:Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷区道玄坂)
第2会場:桑沢デザイン研究所 1階ホール(渋谷区神南)
一般800円, 学生500円, 高校生以下無料(2会場共通)

SO+ZO 展「未来をひらく造形の過去と現在 1960s→」|Bunkamura ザ・ミュージアム

桑澤洋子生誕100年記念事業「SO+ZO MOVEMENT」


桑沢デザイン研究所東京造形大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFC Open Research Forum 2010

SFC創立20周年記念イベント
第15回 SFC Open Research Forum 2010
テーマ:安住なき先駆 -Appreciating the Unclaimed-

2010年11月22日(月)〜23日(火・祝),10:00〜19:30
六本木アカデミーヒルズ40(六本木ヒルズ森タワー40階)
アクセスマップ アカデミーヒルズ
入場無料, 事前登録不要

慶應義塾大学SFC研究所|SFC Open Research Forum 2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造形工作アイデアノート

造形工作アイデアノート−オトナのための工作本
パンタグラフ・著

身近な素材を使って工夫してモノを作るという経験が、‘作りながら考える’習慣や態度につながっていくんじゃないか。立体が好きとか平面が得意とかに限らない。

‘作りながらアイデアが湧いてくる’のを体験するには「工作」はとてもよい題材。細部まで全部決めてから一気につくる、なんてことはできないのだから。


グラフィック社 書籍詳細

PANTOGRAPH | パンタグラフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年生 インフォグラフィックス基礎 作品展示

Infog_0

「インフォグラフィックス基礎ー京王線の地図 測って調べて発見、そして形にしよう」(指導:遠藤律子先生)
展示タイトル:Trainfo

先週、情報デザイン棟1階ギャラリーで展示されていた1年生の課題作品です。良い作品が多かったので紹介します。グループで、京王線沿線をフィールドにしたインフォグラフィックスを制作していました。この授業は、データ収集、組織化、可視化の過程をグラフィックデザイン手法の修得とともに体験することを目的としています(授業説明パネルより)。

Infog_1
学生作品「とどまっぷ」:南大沢駅で立ち止まっている(とどまっている)人たちを立体的に表現。朝・昼・晩の違い。

Infog_3
学生作品「YUKITAMARI」:橋本駅構内でひとが足を緩めたり止めたりする場所。

続きを読む "1年生 インフォグラフィックス基礎 作品展示"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

70,000アクセス 御礼

いつもごらんいただき、ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m

60,000アクセス 御礼: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所


Facebookの‘アルバム’も随時更新中です。Facebookに未登録の方でも、以下のアルバムは見ることができます。(このブログの右サイドバー‘SNS’にもリンクを設けてあります)

Facebook | 多摩美
Facebook | 街をあるく
Facebook | 行ってみる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

協同と表現のワークショップ

協同と表現のワークショップ―学びのための環境のデザイン
編集代表:茂木一司
編集:苅宿俊文, 佐藤優香, 上田信行, 宮田義郎


推薦のことば 「アンラーニング(学びほぐし)としてのワークショップの学び」, 佐伯胖(青山学院大学教授,東京大学名誉教授)

第4章 ワークショップの記録(ドキュメンテーション)・評価について教えてください。また、その成果はどのように示されますか?
上田信行・原田泰・曽和具之・植村朋弘ほか
など。

「ワークショップ」について、理論と実践(多くの事例)から解説した良書です。

一般書・啓蒙書を含む学術専門図書を主とする出版社「東信堂」(‘近刊予告’に書名掲載のみ。2010.11.15現在)

(・・・エディトリアル・デザインをもう少しなんとかすればよかったのに(特にカラーページ)、と思ってしまうのは内容がとても良いから。。。惜しい。もちろん、良書であることには変わりはありません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だれでもレイアウトデザインができる本

だれでもレイアウトデザインができる本 −レイアウト・文字組・配色、センスアップのコツ
樋口泰行・著


「勉強はしない」「理屈は要らない」「難しいことは考えない」がコンセプト、とうたっている‘レイアウトデザイン’の本。「プロ向けではないので、理論は説明せず具体的な値や方法を提示する」とのことです。

プロ向けの勉強でも、初めはまず基本的なパターンや良い事例を‘まねる’ことから始まります。理論を学ぶ傍らで例をまねて作ってみることが必要です。

紙面や冊子(場合によっては画面)のうえに素材や情報を「レイアウトする」ということは、どのデザイン分野でも必要になるスキルですから、デザインを学んでいる学生(特に基礎過程の学生)には十分役に立つ内容だと思います。(^^)

だれでもレイアウトデザインができる本 |エクスナレッジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利き味噌の会(4年ゼミ)

Miso_1

忙しい卒制の合間に息抜きもかねて、4年のゼミで「利き味噌の会」をしました。
4月に仕込んだ味噌は‘熟成’して、それぞれに特徴があるおいしい味噌になっていました(参加者5名/味噌5種類)。すべて手作りなので、当然ですがひとつとして同じ味噌はありません。(僕の仕込んだ味噌は写真左下のやつ)

Miso_2

今回は、それぞれの味噌を‘もろきゅう’で味わいました。「やっぱり、うちの味噌がいちばんおいしいな。」←これを手前味噌と言いますw

次は、12月の卒制審査会が終わったあとに、‘味噌作りとインフォグラフィックス’のワークショップをおこなった矢野ゼミと合同で‘手作り味噌で味わう豚汁パーティー’の予定です。(^^)

そもそも、なんで味噌をつくったのかはこちら:
4年次 サービスデザイン・ゼミ(吉橋ゼミ2010): Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所
うちの味噌:
仕込んだ「味噌」のその後。: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービスデザイン2010 公式ブログ

9月から開講している授業「サービスデザイン」の公式ブログを紹介します。情報デザインコース(経験デザイン領域),3年生の演習授業です。18名が履修しています。

サービスデザイン2010公式ブログ
twitter:idd_service2010

授業の様子の一部は、履修している学生の個人ブログでも知ることができます。
Service Designのアーカイブ - IAの卵録

そして、私が書いているこのブログ記事のカテゴリーは‘サービスデザイン2010’
Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所: サービスデザイン2010

・・・バラバラじゃなくてまとめろよ、っていう感じですが(笑)。

前のふたつは学生の目線から、このブログは教員の立場から、それぞれ同じ授業を見ています。ひとつの授業がいろいろな見え方・とらえ方で記述されるのを楽しんでいただくのもよろしいかと。(^^;

なお、授業の成果は、年明け2011年1月12日(水),13日(木)の「情報デザインコース 後期末成果展」にて、展示・発表の予定です。
入退場自由。どなたでも参加できます。会場:八王子キャンパス 情報デザイン棟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

creator 2012

creator 2012
日本広告制作協会・編

「業界先輩の作品と生活。就職活動に欠かせないポートフォリオの大特集。日本広告制作協会加盟96社の求人情報掲載。クリエイターをめざす人のための就職情報読本」だそうです。(表紙に書いてある...)

ポートフォリオの例は広告クリエイター向けです。
志望する業界や企業によってまとめ方は変わりますから、これが万能だと思わないように。

OAC-NET 日本広告制作協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋する石膏像

恋する石膏像―つめたい石膏像とあつく語ろう
視覚デザイン研究所・編

休み時間に2年生が開いていた本が気になって見せてもらったら、タイトルが「恋する石膏像」(笑)。

鉛筆デッサンの本かと思ったら(美大生は入試で‘鉛筆デッサン’を描くのです)、ホントに‘石膏像’が主役の本でした。(^^;

出版社のページ(下記リンク)で内容の一部を見ることができます(ジャンル:デッサン→恋する石膏像)。ご興味のある方、石膏像ファンの方(?)はどうぞ。(^^)

視覚デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »