« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

多摩美 情報デザインコース 卒制展&選抜展

いずれも今週末の開催です。ぜひ足をお運びください。

【卒制展】
多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース
卒業研究制作展 tie

2011年3月4日(金)〜6日(日)
10:00〜19:00(初日13:00開場、最終日16:00閉場)
MODAPOLITICA[モーダポリティカ]

【1,2,3年生の選抜作品展】
できごとのかたち2011
多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース 選抜展

2011年3月5日(土)6日(日)
11:00〜19:00
AXISギャラリー(六本木)

多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 情報デザインコース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表申込期限が掲載されました:日本デザイン学会

日本デザイン学会第58回春季研究発表大会

発表申込期間:3月16日(水)~4月20日(水)

開催概要:
2011年6月24日(金)25日(土)26日(日)
千葉工業大学・津田沼キャンパス

JSSD 日本デザイン学会 第58回春季研究発表会

2月23日付けで掲載。学会員MLにも流していただけるとありがたいのですがー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超多忙流 創造術」堤幸彦(仕事学のすすめ)

仕事学のすすめ 3月「超多忙流 創造術」

語り手:堤幸彦(映画監督・演出家)
トランスレーター:勝間和代

2011年3月3,10,17,24日(毎週木)
22:25〜22:50
NHK教育テレビ
再放送:翌週木 5:35〜6:00

第1回 巨大チームの動かし方
第2回 挫折経験が飛躍を生む
第3回 突破口を見つけろ
第4回 学び直しで人生逆転

木曜 仕事学のすすめ│NHK教育

テキスト:仕事学のすすめ 2011年2・3月 世界を制した菓子作り/超多忙流 創造術 (知楽遊学シリーズ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボストン美術館 浮世絵 名品展

ボストン美術館 浮世絵 名品展
錦絵の黄金時代―清長、歌麿、写楽

2011年2月26日(土)~4月17日(日)
月曜休館(但し 3/21は開館、3/22は休館)
山種美術館

山種美術館 | 次回の展覧会 『ボストン美術館 浮世絵 名品展 錦絵の黄金時代―清長、歌麿、写楽』

Museum of Fine Arts, Boston |


↑試しに付けてみました。ちゃんと機能するのだろうか...
(ココログが公式対応してないので、記事ごとに毎回手動で付けるのは面倒。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワークショップコレクション

ワークショップコレクション
こどものためのワークショップの博覧会

2011年2月26日(土),27日(日)
慶應義塾大学 日吉キャンパス
第4校舎独立館 および 第4校舎

ワークショップコレクション | こどものためのワークショップの博覧会

主催団体:
NPO法人CANVAS|遊びと学びのヒミツ基地
KMD:慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科

いろいろ話には聞いているのですが行ったことがないので、いちど見てみようか、な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美 プロダクトデザイン専攻卒制展のブログ

PDDGRW_YKN BLOG
多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻2011年卒業制作展

多摩美プロダクトの卒展に向けたブログです。始まってからずっと読んでるのですが、内容が「抜群」なので紹介します。

講評会の様子や、作品の写真、制作の様子、プロセスの説明など、読みごたえのある記事が次々と投稿されています。
これを見てしまうと、もう会場へ行って見るしかないでしょ?作品見て話聞くしかないでしょ?という気分になります。(^^)

多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻2011年卒業制作展

同じ大学だからほめてるっていうわけじゃなく、数ある卒展サイトやブログ(今年度のもの)の中でも、いちばん‘クール’だと思いますね。作品のレベルの高さは画面からも想像できますし、取り組む様子を伝えようという姿勢が気持ち良いです。

卒業制作展は、2011年3月4,5,6日 ベルサール原宿にて。行きますよー。

twitterはこちら:tau_pdd2011

(ブログの‘なかのひと’はだれだろう? ぼそ。)

(2011.2.27追記)
公式サイト:多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻卒業制作展2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんとうは長い情報デザインの歴史(2)

(1)のつづき

僕は、まだそれが‘情報デザイン’とは呼ばれていなかったころから、このデザイン分野が日本で立ち上がる様子とその成長をわりと間近で見てきました。

1989年に上野毛キャンパス(美術学部二部デザイン学科・当時※)で、いまの「情報デザイン」につながる新しいデザイン分野の教育が始まりました(詳細はあらためて書くつもり)。そこには、新しい教育プログラムで学び始めた学部学生と、学生という身分ではありますが、研究室の教育・研究に様々に関わっていた社会人学生たち(現役のデザイナー)がいました。会社を辞めて大学院で学び始めた私もそのうちのひとりでした。
夜になると、教員、学部学生、社会人学生が集まってきて、いっしょになって新しいデザイン領域に挑んでいるというのが、当時のデザインの教室の様子でした。

※ 現在は 造形表現学部 デザイン学科

ちなみに、いま情報デザインコースでいっしょに教育に携わっている須永剛司 教授は、当時の私の研究の(実質的な)指導教員であり、同じく矢野英樹 講師はデザイン学科の学生(二期生)でした。この時代に同じ時間を同じ上野毛キャンパスで共有していたことになります。

続きを読む "ほんとうは長い情報デザインの歴史(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生命の樹

太陽の塔内部展示「生命の樹」

2011年2月23日(水)~2011年6月26日(日)
火曜休館
岡本太郎記念館(南青山)

大阪万博‘太陽の塔’の内部展示を再現、制作は海洋堂−と言われたら、見に行くしかありませんね。

ようこそ岡本太郎記念館!

ほかにも岡本太郎生誕100年のイベントなどがたくさん。(^^)
岡本太郎生誕100年記念事業公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生誕100年 岡本太郎展 & 土曜ドラマ「TAROの塔」

生誕100年 岡本太郎展

2011年3月8日(火)~5月8日(日)
休館:月曜(3月21日,28日,4月4日,5月2日は開館),3月22日(火)
東京国立近代美術館 企画展ギャラリー

生誕100年 岡本太郎展[2011年3月8日~5月8日|東京国立近代美術館]

そして、

岡本太郎生誕100年企画 土曜ドラマ『TAROの塔』
2011年2月26日(土),3月5日,12日,19日〈全4回〉
NHK総合 21:00~21:53 

TAROの塔 | NHK 土曜ドラマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職難・大学3年生のリアル(ダイアモンド・オンライン)

就職難・大学3年生のリアル~お“ゆとり”さま訪問日誌
保田隆明 ダイアモンド・オンライン

年末くらいから、就活関連のキーワード検索(ポートフォリオなど)でここにたどり着く人が多いようですので(アクセスログによる)、参考にリンク貼っておきます。

就職難・大学3年生のリアル~お“ゆとり”さま訪問日誌

以下は抜粋。
第1回 先生、明日1次面接なんです!
 ・「シューカツ」という言葉で思考停止 行動ストップする学生たち

第3回 見た目はチャライのに、実はデキるってのがカッコイイじゃないですか!
 ・就活は孤独との戦い

第5回 『組織をまとめる力』より『調整力が強み』のほうがしっくりくるんですよねぇ~
 ・「就活は“スペック”採用」という誤解

第6回 でも、動いていないと不安なんですよ!
 ・「練習のための面接」に落ちて凹む悪循環
 ・好奇心ではなく、恐怖心から就活する学生たち
 ・友達とウダウダ話していても興味は広がらない
 ・コンプレックスと対峙できるか

第7回 先輩は『いいんじゃない』と言ってくれました」 学生たちが仕上げる“残念なES(エントリーシート)

読みながらいろいろ思い当たるフシもありますが。
就活している全員が同じわけでもなく、志望する業種も専門もそれぞれ違いますから、参考になることもならないことも書かれています(あたりまえです)。あくまで参考です。

特に、クリエイティブ職は、「作品選考」や「事前課題」「デザイン実習」など、‘腕前を見る’という選考過程があるので、ESや面接がいくら良くてもそれだけでOKというわけにはいきませんし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルールズ・オブ・プレイ

ルールズ・オブ・プレイ(上) ゲームデザインの基礎
ケイティ・サレン + エリック・ジマーマン 著, 山本貴光 訳


大著すぎて、いつ読み終わるかわからないので、ひとまず紹介のみ。

「あそびのデザイン」っていう授業なんぞをやっていたり、ルールのデザインなんて口走っている関係上、あるいは、ゲームのインタフェース・デザイン全般に興味あったりするので、これはいずれ読まざるを得ない。(^^;

ソフトバンク クリエイティブ:ルールズ・オブ・プレイ(上)(目次、記載あり)

原書はこちら:Rules of Play: Game Design Fundamentals

訳者 山本貴光氏のブログ:作品メモランダム

続きを読む "ルールズ・オブ・プレイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生はなぜ就職できないのか(ダイヤモンド・オンライン)

学生はなぜ就職できないのか
超・国内志向の若者を待ち受ける「就活の悲劇」
財部誠一(たからべ せいいち)の現代日本私観 ダイヤモンド・オンライン

ひとつの見方ではありますが、考える参考になると思うので紹介してみることにしました。
僕は、筆者の意見にもろ手をあげて賛同はしないけれど、やや話を極端にしているきらいは感じるけれど、言及されている‘問題点’についてはほぼ同意します。

財部氏による本文の要点をざっとまとめると以下のようです。

1.今は本当の“就職氷河期”ではない
 採用が「量より質」にシフトしたのみ

2.「就活の悲劇」はなぜ起こる?学生自身が持つ4つの問題点
 a) 社会のトレンド(アジア・アセアン・インドに対するアプローチ)に対してあまりにも無知なこと
 b) 企業選びにおける極端な「知名度依存」
 c) 「やりたいことしか考えない」という学生たちの幼児性
 d) 生身の人間とのコミュニケーション能力の劣化

学生はなぜ就職できないのか 超・国内志向の若者を待ち受ける「就活の悲劇」|財部誠一の現代日本私観|ダイヤモンド・オンライン

(学生はみんなこうだとか、採用側には問題がない、などと言うつもりはないので、誤解なきように。)

参考リンク:財部誠一

@designkaz on Twitter 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選択の科学 / The Art of Choosing

選択の科学
コロンビア大学ビジネススクール特別講義
シーナ・アイエンガー 著


やっと読了。左が日本語版、右の原書(英語)のタイトルは“The Art of Choosing”

著者は、様々な「選択」について、事例や議論を示しつつそのメカニズムを解き明かしていきます。
たとえば、‘ジャムの研究’では、少ない種類のジャムを並べたときの方がたくさんの種類を並べたときより売り上げが「伸びた」という実験結果を示します。(第6講 豊富な選択肢は必ずしも利益にならない)
また、‘回復の見込みがない息子の延命治療を中止する’という「選択」場面を仮定し、医師が一方的に決める、情報が開示されたうえで自分が延命中止を選ぶ、医師の判断と助言で延命中止を自分が選ぶなどの条件で、それぞれの選択が我々にもたらす影響を考えていきます。(第7講 選択の代償)

いままさに「選択」の岐路に立っている3年生の就活の様子を見るにつけ、本書の内容に納得したり、学生の行動が腑に落ちたり落ちなかったり、指導についていろいろ考えされられたり。−もちろん、そんなにかんたんに「選択」についての答えは持てないけれど。

『選択の科学』(シーナ・アイエンガー・著, 櫻井祐子・訳) | 単行本 | 書籍情報 | 文藝春秋

続きを読む "選択の科学 / The Art of Choosing"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュルレアリスム展(追記あり)

シュルレアリスム展 ―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―

2011年2月9日(水)~5月9日(月)
火曜休館(ただし5月3日は開館)
国立新美術館(六本木)

「いとしい創造力よ、私がおまえのなかでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ」(「シュルレアリスム宣言」より)

シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―

Centre Pompidou

14日の午後に立ち寄りました。お客さんは若い人が多かったですね。
ピカビア、デュシャン、ダリ、マグリット... いい作品が多くて見ごたえがありました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Creative Workshop

Creative Workshop: 80 Challenges to Sharpen Your Design Skills
David Sherwin・著,(英語版のみ)


著者は、frog design の Senior Interaction Designer.
7つのカテゴリーに分類された80個の課題(Challenges)が並んでいる。カテゴリーは、Materials, Instruction, Observation, Innovation, Interpretation, Foundation, Execution

課題(Challenges)に対して、答え(正解)が書かれているわけではないが、解答例にあたる事例や考え方やアイデアなどが示されていて、進めて行く上でのガイドとなっている。
また、Challengesにはいずれもおよその時間(30分、120分など)が書かれていて、取り組む際の目安になる。かなり短めの時間設定なので、あれこれ思い悩まずにパッと頭と手を動かしてやってみようというかんじだろう。

答えが載っているわけではない(そもそも正解がない)ので、デザインがまったくわからない人がこの本で独学で学ぶのはちょっとつらいと思うけれど、デザインの専門課程の教育や創造的な思考のトレーニングのテキストとして使うならかなり良い本だと思う。
(ふだん、デザインの授業の中でやっているのと似ている課題も含まれているけれど、これだけの数をまとめて分類整理して示しているという点でかなり秀逸。)

ChangeOrder: Cover for "Creative Workshop: 80 Challenges to Sharpen Your Design Skills"

frog design | Global Innovation

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園日記 2011

よゐこの 旭山動物園日記 2011

2011年2月13日(日)14:00〜15:25
テレビ朝日系列, HTB制作
出演:よゐこ,ナレーション:大泉洋

よゐこの旭山動物園日記 2011|HTB
HTB旭山動物園日記 (HTB_asahiyama) on Twitter

旭山動物園公式ホームページ


ペンギンの散歩。: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所(昨年の冬)
ホッキョクグマ: Information Design?!(初めて行った時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山中玄三郎教授・猪股裕一教授 退任記念講演

山中玄三郎 教授・猪股裕一 教授 退任記念講演

2011年2月19日(土)14:00~16:45,
多摩美術大学 上野毛キャンパス 講堂

14:00~15:15
『ようやく卒業』猪股裕一 教授(デジタルコミュニケーション分野)
15:30~16:45
『クリエイティブに行こう!』山中玄三郎 教授(スペースコミュニケーション分野)

(第19回多摩美術大学上野毛デザイン展 同時開催)

山中玄三郎教授・猪股裕一教授 退任記念講演 - NEWS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はこだて未来大学 プロジェクト学習成果発表会(東京)

公立はこだて未来大学
平成22年度 プロジェクト学習成果発表会(東京)

2011年2月10日(木)12:30〜15:00※
秋葉原UDX 2階「アキバ・スクエア」

※開催時間が短いのでご注意を。

公立はこだて未来大学 - 平成22年度 プロジェクト学習成果発表会(東京)

公立はこだて未来大学 - index_プロジェクト学習
AKIBA_SQUARE 秋葉原クロスフィールド イベントスペース [アキバ・スクエア]

・・・僕は残念ながら、多摩美の入試と重なっているため見に行けません orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんとうは長い情報デザインの歴史(1)

以下は、1月の初めに私が‘情報デザイン’についてツイートしたもののコピペです。
トゥギャるほどの数でもなく、ツイートはすでにTLの彼方へ消えてしまいましたが、ひとまずここへ記録しておきます。

きっかけになったのはTLに流れた「情報デザインを学ぶのに知っておくべき知識は?」という問いかけでした。

-----以下、私のツイート(2011年1月8日,@akyoshi ,時間順, 改行を追加)。

・「情報」という素材(あるいはデザイン対象)を扱う・加工する方法。動き、情報の構造、インタラクション、経験など「時間軸」を扱うスキルと知識。

・その前提として、見えない、あるいは見えにくい様々な「情報」を、‘見えるようになる’ための視点や観察方法の習得。(これらは表現とセットで学ぶ。ー描くことで見えてくる。デッサンと同じ)

・昨晩の補足。多摩美の情報デザイン(須永,矢野,吉橋)のルーツは’90年代の上野毛デザイン学科の教育,研究です。
当時からずっと手がけているのは、デザインの対象を非物質に拡張していくことで、教育のベースは、いわゆるHCDのプロセス,手法ではなく「造形教育」です。

・上野毛の当時の基礎演習(授業)には、従来のような「色彩構成」と並んで、「運動構成(動き)」「音構成」「情報構成(構造)」などがありました。「知識構成(今で言うプログラミング)」というのをやったこともありました。(遠い目)おしまい.

-----ここまで 

(たぶん、つづく。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展 ChainFocus EX#1

ChainFocus EX#1

2011年2月6日(日),7日(月)
11:00〜20:00
Design Festa Gallery WEST(原宿),2階「2-C」

ChainFocus:
「しがない大学生である @halu9@togemaru_k のふたりが、お互いの写真を「自分の主観」をもとにしながら、ブログ上で連想ゲームのようにつなげていく。そんなプロジェクト。」(ChainFocusブログより)

写真展ChainFocus EX#1開催のお知らせ | ChainFocus

Chainfocus (chainfocus) on Twitter

【デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿】Design Festa Gallery HARAJUKU EAST & WEST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂巻裕一 展(追記あり)

坂巻裕一 いのち

2011年2月7日(月)~12日(土)
11:00-19:00(最終日17:00まで)
ガレリア・グラフィカbis(中央区銀座6丁目)

初日18時30分よりオープニング・パフォーマンス
後援:多摩美術大学校友会
(多摩美術大学校友会小品展2009」にてチャレンジ賞受賞)

坂巻君は、情報デザイン学科の卒業生(一期生)です。(^^)

ガレリア・グラフィカbis:坂巻裕一展
ガレリア・グラフィカbis:MAP

(追記 2011.2.8)
小品展2009チャレンジ賞受賞者の坂巻さんの個展に行きました。 - 多摩美校友会 ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連続講座 「●●とデザイン」(多摩美 生涯学習プログラム)

多摩美術大学 生涯学習プログラム 2011年度 春期講座

生涯学習プログラム開設10周年記念Vol.2
連続講座 「●●とデザイン」〈前期〉

2011年4月23日(土)から計10回
多摩美術大学 上野毛キャンパス(東急大井町線 上野毛下車)

受講料:全10回7000円、1回ごとの受講は各回1000円
定員:各100名
申し込み締切:全10回および第1回は4月2日、第2~10回は各回の3週間前の土曜日、第5回のみ4月27日(すべて必着)

第1回 4月23日(土)「インクとデザイン」 浅葉克己
第2回 5月7日(土)「身体とデザイン」 布施英利
第3回 5月7日(土)「独自の文化とデザイン」 コシノジュンコ
第4回 5月14日(土)「イラストレーションとデザイン」 秋山孝
第5回 5月21日(土)「ビジネスとデザイン」 佐藤可士和
第6回 6月4日(土)「器とデザイン」 髙木晃
第7回 6月4日(土)「広告とデザイン」 中島祥文
第8回 6月25日(土)「建築とデザイン」 青木淳
第9回  7月2日(土)「街・表層とデザイン」 田口敦子
第10回 7月2日(土)「ロシア構成主義とデザイン 」五十殿利治

申し込み方法など詳細は以下よりどうぞ。
連続講座 「●●とデザイン」〈前期〉 - 多摩美術大学 生涯学習センター
多摩美術大学|上野毛キャンパス

・・・この講師陣で、10回ぜんぶ聴いても7,000円ってスゴすぎる。(1回だけなら1,000円...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽雪あかりの路

第13回 小樽雪あかりの路

2011年2月4日(金)〜13日(日)
運河会場、手宮線会場、あかりの路会場(予定)

毎日17:00〜21:00に雪とロウソクを使った灯りの演出が行われるそうです。
まだ見たことないんですよねー。

小樽雪あかりの路

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美・サービスデザイン2010 の作品から

遅くなってしまいましたが、「サービスデザイン2010※」から、いくつか作品を紹介します。
(※ 情報デザインコース 経験デザイン領域 後期 3年次演習)

Sd2010_mutoh_2
「ココからバランスガイド−自分で食事バランスを整える弁当の注文サービス」武藤夏織

注文票(トレー)のマークに合わせておかず(カード)を選んでいくと、意識せずにバランスの良い弁当を注文することができます。できあがった‘バランスお助け弁当’のパッケージには、さらに栄養のバランスに配慮した夕飯メニューも提案されています。

Sd2010_suzuki_3
「Annivwesary House −記念日にケーキの代わりにお菓子の家でお祝い !」鈴木沙里

パーティーのために‘お菓子の家’の手作りキットを注文できるウェブサービスの提案です。童話仕立てのウェブサイトで楽しみながらお菓子の家をデコレーションすると、その家が作れる材料キットが送られてきます。お菓子の家の中にバースデーカード仕込んでおくなど、パーティーを盛り上げるためのしかけも提供しています。

続きを読む "多摩美・サービスデザイン2010 の作品から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

80,000アクセス 御礼

おかげさまで80,000アクセス。

これからもよろしくお願いいたします。(^^)

70,000アクセス 御礼: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »