« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

孔子「論語」(100分 de 名著)

100分 de 名著
5月 「論語」 孔子・著

第1回 人生で一番大切なこと(5月4日)
第2回 自分のアタマで考えよう(5月11日)
第3回 人を動かすリーダー論(5月18日)
第4回 信念を持ち逆境を乗り切ろう(5月25日)

NHK教育テレビ 毎週水曜日 22:00〜22:25

100分 de 名著

6月は「マネジメント」ドラッカー・著の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネジメントは動物園に学べ(仕事学のすすめ)

仕事学のすすめ 5月
「マネジメントは動物園に学べ」

小菅正夫(前・旭山動物園園長)
トランスレーター(聞き手):野田稔(明治大学大学院教授)

第1回:「変革をチームに浸透させよ」
5月4日(水)22:25~22:50 (4回シリーズ)

すでに本やドラマなどで広く知られている旭山動物園の成功物語ですが、聞き手の野田稔先生が、どんな切り口でどんな話を聞き出すか楽しみです。(^^)

仕事学のすすめ|NHK

旭山動物園公式ホームページ

関連:
ホッキョクグマ: Information Design?!
ペンギンの散歩。: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポートフォリオ・クリエイション

ポートフォリオ・クリエイション−自分を売り込むプレゼンの成功例


既成のクリアファイルは使わない! 手作り、オリジナル系のポートフォリオ実例集。
パッケージが凝っている、表紙がすごい、製本してホントの作品集(冊子)のよう、ここまでやるか(笑)などなど、、様々な「ポートフォリオ」が紹介されています。

すべてのクリエイティブな業種・業界の就活で、このようなクリエイティブ感満載(爆発?)のポートフォリオが必要なわけではありません。でも、こういう表現や自己アピールで勝負していく業界もたしかにありますよね。

発想のヒントや参考にはなるけれど、クリエイティブの高みをめざすひとにとっては、‘これらをマネしてしまったら元も子もない’という悩みがもれなく付いてきます。。。クリエイティブの宿命ですけど (^^;

PIEBOOKS / 新刊案内(中ページを一部見ることができます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美 環境デザイン学科 2010年度卒業生有志展 『EXPO』

多摩美術大学 環境デザイン学科 2010年度卒業生有志展 『EXPO』

多摩美術大学 八王子キャンパス図書館 1階 アーケードギャラリー

5月2日(月)14:00〜20:30
6日(金)9:00〜20:30
7日(土)9:00〜20:30 ※13:00〜15:00:客員教授による特別講評会

9日(月)9:00〜20:30
10日(火)9:00〜20:30
11日(水)9:00〜20:30

震災の影響で中止になった3月の卒展が、場所を変えて連休中に開催されます。

eddnews : 多摩美術大学環境デザイン学科 2010年度卒業生有志展 『EXPO』

EDD 多摩美術大学環境デザイン学科

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ もしドラ

NHKアニメワールド もしドラ

2011年4月25日(月)〜29日(金),5月2日(月)〜6日(金)
22:55〜23:20, NHK総合テレビ
全10話 一挙放送

第1話 みなみは『マネジメント』と出会った ほか。

NHKアニメワールド もしドラ

マネジメントとは無縁だと思ってるデザイン学科の学生さんも、見るといいと思うよー。アニメだし。
マネジメントは‘お金もうけ’のことだと誤解してる人もぜひ。(^^)

関連:
アニメ『もしドラ』プロジェクト・サイト
アニメ「もしドラ」IG公式ツイッター (moshidora_anime) on Twitter

ほぼ日刊イトイ新聞 - はじめてのドラッカー

書籍:
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンフォード白熱教室−ティナ・シーリグ教授

NHK スタンフォード白熱教室

「ブレーンストーミングで可能性を探る」
 2011年5月1日(日)18:00〜19:00
 NHK教育テレビ(Eテレ)

ハーバード大学 サンデル教授に続き、スタンフォード大学 ティナ・シーリグ教授が登場。
起業家育成コースの集中講座だそうです。

ティナ・シーリグ教授:スタンフォード大学工学部「テクノロジーベンチャープログラム」エグゼクティブ・ディレクター

NHK スタンフォード白熱教室

何回のシリーズなのか、ウェブには書いてないですねぇ。
(2011.5.1追記)
ウェブに講義一覧が出ました。8回シリーズです。
講義一覧|NHK スタンフォード白熱教室

関連:
20歳のときに知っておきたかったこと: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パウル・クレー 展

パウル・クレー展― おわらないアトリエ

現在、京都展 開催中。

2011年3月12日(土)〜5月15日(日)
京都国立近代美術館
パウル・クレー展 —おわらないアトリエ PAUL KLEE:Art in The Making 1883-1940|トップページ

東京展は5月から:
2011年5月31日(火)〜7月31日(日)
東京国立近代美術館
パウル・クレー展 —おわらないアトリエ PAUL KLEE:Art in The Making 1883-1940|展覧会概要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚くべき学びの世界 展

驚くべき学びの世界 展 The Wonder of Learning
北イタリア、レッジョ・エミリアの世界最高水準のクリエイティブな教育実践

2011年4月23日(土)〜7月31日(日)
11:00〜19:00(水曜日は21:00まで)
月曜休館(7/18は開館)
ワタリウム美術館(外苑前駅 下車)
アクセス:watari-um - about WATARI-UM -

これは、見に行かねば! 本だけではわからない。

watari-um art museum next exhibition

Reggio Children | the hundred languages of children

参考:
驚くべき学びの世界−レッジョ・エミリアの幼児教育: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わざ言語―感覚の共有を通しての「学び」へ

わざ言語―感覚の共有を通しての「学び」へ
生田久美子・北村勝朗(編著)


「本書で用いる「わざ言語」という用語は、大枠では、様々な「わざ」の世界でその伝承の折に頻用されている、科学言語や記述言語とは異なる独特な言語表現を指示している。」

「…それは科学言語のようにある事柄を正確に記述、説明することを目的とするのではなく、相手に関連ある感覚や行動を生じさせたり、現に行われている活動の改善を促したりするときに用いられる言語である。」
(いずれも、本書 はじめに より引用)

自分のことを振り返ってみると「デザイン」の教育やスキル伝達の場面でも「わざ言語」が多用されている気がします。大学で学生に教える側としても、自分が学生や先輩デザイナーに指導された経験からも、それを実感。
(本書は、これから熟読予定。)

第一章「わざ」の伝承は何を目指すのか 生田久美子
第三章 スポーツ領域における暗黙知習得過程に対する「わざ言語」の有効性 永山貴洋
第七章 人が「わざキン」に感染するとき 佐伯胖(←佐伯先生!)
ほか。

目次、あとがき をこちらで読むことができます:
特集『わざ言語――感覚の共有を通しての学びへ』(生田 久美子、北村 勝朗 編著)誘う言葉、しむける言葉~ | 慶應義塾大学出版会

参考:「わざ」から知る (コレクション認知科学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚くべき学びの世界−レッジョ・エミリアの幼児教育

驚くべき学びの世界−レッジョ・エミリアの幼児教育
佐藤 学 (監修), ワタリウム美術館 (編集)

驚くべき学びの世界~レッジョ・エミリアの幼児教育~ | 書籍 | ACCESS 刊行物 | 通信販売

非常に興味深い教育ですね。‘幼児教育’という枠を越えて大人や大学生の造型教育に応用できる要素がたくさんありそうです。

関連資料を調べてみたのですが、少し前に出版された本やビデオは軒並み入手困難です。。。教育学部がある大学や文系の大きな大学の図書館なら蔵書があるかなぁ?(残念ながら多摩美図書館の簡易検索ではヒットせず。)

「子どもたちの100の言葉―レッジョ・エミリアの幼児教育」
「子ども、空間、関係性 幼児期のための環境のメタプロジェクト」,学習研究社
ビデオ「ビデオ レッジョ・エミリア市の挑戦」,小学館 ←これ見たい!

参考:
ITALY 街ぐるみで高度な教育に取り組む、レッジョエミリア市 | Report:01 イタリア、アメリカ、韓国を巡る「幼児教育先進国・三都物語」 | コクヨ
「子どもたちの100の言葉」watari-um (2001年 ワタリウムでの展覧会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android City 八王子

八王子 と Android が出会いました。

「この度、サイバーシルクロード八王子では「Android」の普及促進を図る一般社団法人OESFの研究開発拠点が天神町(エイビット天神町ビル)に開設されることに伴い、「Android」をベースとしたアプリケーションやサービスを提供する若手起業家の育成や集積を図り、新たなハードウェアの開発促進による「ものづくり産業」活性化を目指すため、今後OESFが推進する事業について連携支援を行います。」(下記サイトより抜粋)

『Android City 八王子』を目指して | サイバーシルクロード八王子

Android City 八王子
 ウェブサイト:Android City Hachiouji
 facebook:AndroidCity八王子
 Twitter:AndroidCity八王子 (android_802)


地域のいろいろなご縁で声を掛けていただき、いま関連したプロジェクト(産学公)の準備を進めています。まずは活動の拠点づくりからスタートします。(^^)

関連:
OESF、八王子に「Android Open Lab」開設-日本での活動拠点に - 八王子経済新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土門拳の昭和

土門拳の昭和

2011年4月2日~5月8日, 休館:4月25・26日
10:00~16:30
※4月15日までは16:30まで。15日以降は決まり次第告知。

調布市文化会館 たづくり 展示室(1階)
アクセス情報

財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団 「土門拳の昭和」

京王線の調布駅の南口すぐです。お近くの方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(改題・追記)facebookページつくりました

facebookにページを作ってみました。

ひとつめ:
Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所(テスト運用中)

基本的には、このブログの記事をフィードする設定にしてあります。いいね!(Like !)やコメントをぜひfacebookで。(^^)

どういう感じになるのか手探りなので、(テスト運用中)と付けてありますが、とくに問題がなければ両方とも共存させて使い方を考えて行こうと思います。

ふたつめ:
多摩美術大学 吉橋研究室/サービスデザイン ゼミ

卒業生の方も気軽に いいね!や コメント で参加してください。使い方は使いながら考えていきます。

左サイドバーにfacebookページへのバナーを付けました。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KORIN 展【延期になりました】

KORIN展
国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」

2011年4月16日(土)〜5月15日(日)
根津美術館

KORIN展|根津美術館

およそ100年ぶりに同時に展示する機会、なのだそうです。行く! (^^)

(追記)
来春に延期との発表がありました。(根津美術館公式サイトにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モホイ= ナジ/イン・モーション

視覚の実験室
モホイ=ナジ/イン・モーション

2011年4月16日(日)~2011年7月10日(日)
月休(ただし5月2日は開館)
神奈川県立近代美術館 葉山
アクセス・地図:神奈川県立近代美術館<葉山館>

※作家名について:欧米の主流である 「ラースロー(名)・モホリ=ナギ(姓)」という従来の呼称に対し、本展ではモホ イ=ナジの出自であるハンガリーの姓名順と発音に従って表記しています。(展覧会パンフレットより 引用)

モホイ= ナジ/イン・モーション MOHOLY-NAGY IN MOTION:神奈川県立近代美術館<葉山館>

展覧会:神奈川県立近代美術館

これ、行こう。(^^)

(twitter 経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

90,000アクセス 御礼

90,000アクセス、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。(^^)

奇跡的にスクリーンショットが撮れたので貼っておきます〜。
90000l

次回は記念の(?)10万アクセス、なにかしないといけないかしら?(^^;

80,000アクセス 御礼: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所


| | コメント (0) | トラックバック (0)

IAシンキング

IAシンキング―Web制作者・担当者のためのIA思考術
坂本貴史(ネットイヤーグループ)著

[本] IAシンキング ―Web制作者・担当者のためのIA思考術 /坂本貴史(ネットイヤーグループ) 著|ワークスコーポレーション

facebook:IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術
IAシンキング図版 - IA Thinking book illustrations - a set on Flickr

ひとまず紹介〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット広告・ICTツール スペシャリスト養成科:日本ウェブ協会

[追加募集]基金訓練:インターネット広告・ICTツール スペシャリスト養成科

【追加募集期間:平成23年4月5日~平成23年4月13日】


訓練期間:平成23年4月25日~平成23年7月22日
訓練時間:10時30分~16時20分
受講料:無料
定員:24名
訓練施設:日本ウェブ協会 セミナー室(竹芝)

対象者の条件:広告、インターネットに興味があり、就職に生かそうとされる方。パソコンのキーボード操作ができる方。

長期失業者、失業保険が支給されない方を受講対象者とし、雇用希望者は無料で訓練を受講することができます。且つ、受講者は訓練中(3ヶ月間)ハローワークより(10万円/月:合計30万円)の給付金がもらえます。
(以上、募集サイトより抜粋)

卒業生でいま離職してるひと、卒業したけれど就活中のひとなど、受講を検討してみてはどうでしょう。(日本ウェブ協会からハローワークに問い合わせたところ、学生の受講も可能とのことです。)

応募方法、訓練(講座)内容の詳細や問い合わせ先などは以下のサイトをごらんください。
基金訓練:インターネット広告・ICTツール スペシャリスト養成科 | 日本ウェブ協会

(日本ウェブ協会 森川理事長よりお知らせいただきました。)
特定非営利活動法人 日本ウェブ協会(W2C)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視覚ワールドの知覚

視覚ワールドの知覚
J・J・ギブソン 著, 東山篤規・竹澤智美・村上嵩至 訳

“THE PERCEPTION OF THE VISUAL WORLD” の日本語訳。

新刊 J・J・ギブソン 著 『視覚ワールドの知覚』: 新曜社通信

(あとで追記予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »