« 東京ゲームショウ2011 | トップページ | This is Service Design Thinking »

サービスデザイン2011 "Shopping"

情報デザインコース 後期 3年次演習 サービスデザイン、ことしも授業が始まりました。昨年までの「食」に代えて、今年は新しいテーマ「Shopping」を設定しました。

Shoppingといっても店舗設計をするわけではありません。買うこと・売ることについてのサービス利用者の経験(User Experience)を中心にサービス提供のしくみを考え、それらを目に見える何かの形に表現していくことがサービスデザインのゴールです。
今年は、新たに“CJM”(Customer Journey Mapping)というサービスの記述の方法を取り入れています。
成果は、来年1月の「情報デザインコース後期末展覧会」(八王子キャンパス)で、展示発表します。

(授業概要)
サービス・デザイン 2011 Shopping
担当教員:吉橋昭夫・矢野英樹・須永剛司
履修学生:23名、2011年9月〜2012年1月

1.サービスをデザインする:
「サービス」は、人と人、人と情報との新しい関係を生み出す新しいデザインの対象です。ここ数年、特にアメリカ、ヨーロッパを中心に‘Servie Design’は新しいデザイン分野として注目を集めています。
このプロジェクト(授業)では、具体的なサービスを考え、人とのインタラクションをデザインします。そのことを通じて、人と情報との関係を整理しサービスをデザインする基本的なプロ セスと手法を学んでいきます。

2.課題テーマ:
「Shopping」買うこと/売ることのサービス

調べること、選ぶこと、買うこと/売ること、使うこと、人にすすめること、人に譲るこ と、リサイクルすることなど、“ Shopping ” にまつわる「新しいサービス」をデザインし、 サービス利用者の経験を目に見えるかたちにしていく。

3.プロセス:
1)3つの視点で考える:活動を基盤とするデザイン・社会の中のデザイン・経験と身体
2)経験とプロトタイピング:経験すること、試作してかたちにする

4.最終作品のかたち
・利用者の経験を示す「CJM」
・利用者にサービスを提供するための「ツール」
・サービスのしくみやシステムを表すもの。
(ブックレット、マニュアル、パンフレット、 インフォグラフィックスなど。)

・説明・展示のための資料、パネル
・プロジェクト全体をまとめた「ポートフォリオ」

●成果発表:
情報デザインコース 後期末展覧会
作品展示とプレゼンテーション

2012年1月11日(水)12日(木)
八王子キャンパス 情報デザイン棟
(参加無料、申込不要、入退場自由)

関連:
Customer Journey Map | Service Design Tools
昨年の授業:
Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所: サービスデザイン2010
サービスデザイン2010公式ブログ

|

« 東京ゲームショウ2011 | トップページ | This is Service Design Thinking »

サービスデザイン2011」カテゴリの記事

大学・教育」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/52719110

この記事へのトラックバック一覧です: サービスデザイン2011 "Shopping":

« 東京ゲームショウ2011 | トップページ | This is Service Design Thinking »