« 人の心を動かす三ツ星ポートフォリオの企画「虎の巻」 | トップページ | アイデアのつくり方 »

2012.01.18

〈アイデア〉の教科書

〈アイデア〉の教科書 電通式ぐるぐる思考
山田壮夫・著,朝日新聞出版

本屋で見つけて、とても気に入ったので紹介します。

本は100ページ余り、薄いっ。すぐ読める。持ち運びに便利。

「ぐるぐる思考」は、感じる・散らかす・発見!・磨く の4つのモード。

デザイン思考よりも、ずっと簡単!わかりやすい。(笑)

著者は電通のプランナー。
そしてなんとオビには、野中郁次郎先生(一橋大学名誉教授)の推薦のことば。
「なるほど、個人の『ぐるぐる思考』は組織のイノベーションにつながる。」
そしてそして、8章にはSECIモデルが登場。

4章の「散らかすモード〜孤独に耐え、組み合わせる」は、クリエイティブの極意かな。
美大生がいつもやってるのも、大学4年間に課題の山をこなしながら身体で覚えていくのも、たぶん「ぐるぐる思考」だね。

いいですよコレ。(^^)

« 人の心を動かす三ツ星ポートフォリオの企画「虎の巻」 | トップページ | アイデアのつくり方 »

知識デザイン」カテゴリの記事

デザインの本」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〈アイデア〉の教科書:

« 人の心を動かす三ツ星ポートフォリオの企画「虎の巻」 | トップページ | アイデアのつくり方 »

検索


  • Google

    ブログ内 ウェブ全体

facebook