« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

多摩美術大学「PBL Exhibition 2011」

Pbl_omote1200x280

2011年度PBL科目成果発表展「PBL Exhibition 2011」

2012年4月3日(火)〜5日(木)9:00〜20:30
多摩美術大学 八王子キャンパス
図書館アーケードギャラリー
入場無料

主催:多摩美術大学PBL委員会
協力:株式会社インクス/株式会社竹尾/株式会社ドール/首都高速道路株式会社/ソフトバンクテレコム株式会社/東京大学/日本赤十字社東京都赤十字血液センター/Fissler Japan(50音順)

201年度に実施したPBL13科目の授業成果を展示します。

PBL科目の成果報告展 多摩美術大学|たまびNEWS

多摩美術大学|研究活動・社会貢献 - PBL科目について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博報堂のデザイン(デザインノート No.42)

デザインノート No.42
博報堂のデザイン


1.博報堂ストーリー
2.博報堂で活躍する現役クリエイター
3.博報堂を支えたクリエイターたち
4.鼎談1
テーマ『博報堂のデザイン、日本のデザイン〜博報堂が目指すグラフィックデザインとは』
 永井一史 vs 大貫卓也 vs 佐藤可士和
5.鼎談2
テーマ『愛すべき博報堂〜クリエイティブな日々、そしてこれからの博報堂』
6.関連会社のクリエイター
7.博報堂クリエイティブ戦力

誠文堂新光社/デザインノート No.42
博報堂 HAKUHODO Inc.

すごいね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図解表現使いこなしブック

「手描きで考え、伝える 図解表現使いこなしブック」
原田 泰・著

図解入門のさらに入門(はじめに より)とあるように、どんな道具(筆記具)を使えばよいか?から始まって、入門から手ほどきし、一歩ずつ学んでいく構成です。

一般向けの「図解」の入門書として優れているのはもちろん、デザインを学ぶ学生にも役に立つ内容です。(^^)
(追記予定)

図解表現使いこなしブック :商品詳細 | JMAM eショップ

本書をマスターしてもっとレベルアップしたい人、本書ではもの足りない人は、同じく原田先生の「図解力アップドリル」で腕を磨くとよいでしょう。
図解力アップドリル: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インプロする組織

41c878fzq7l
Learning × Performance インプロする組織 予定調和を超え、日常をゆさぶる

高尾 隆, 中原 淳・著

企業でのインプロ・ワークショップの様子を記述した第3章がとても興味深い。インプロが進むに従って、それがどのようにおこなわれ参加者がどう変化していくのかが、よくわかる。
高尾先生がインプロ参加者に向かって話す様々な解説や説明は、ワークショップの実践の文脈の中で意味や意図が理解できるのでたいへんわかりやすい。演劇やインプロの理論編を単独で読むよりも、深く理解できる気がする。
他の章では、身体と創造性の関係についての議論、組織の中での学習やインプロの意味、位置づけなどが取り上げられている。

経験デザイン領域(多摩美 情報デザインコース)の演習授業で、課題制作の進捗に応じて次々とワークショップを繰り出す矢野英樹先生の意図するところも、おそらく本書で述べられたものと近いところにある。身体と創造の関係はかなり深く、理論や知識とはちがったチャンネル(身体という装置)を通じて発揮される創造性もあるのだと思う。

続きを読む "インプロする組織"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【再掲】「サービスデザイン2011」プレゼンテーション

きょう22日(木)です。お時間ありましたらどうぞ。(^^)

多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース
「サービスデザイン2011」プレゼンテーション

2012年3月22日(木),18:00〜20:00
アップルストア銀座 3階 シアター アップル 直営店 Ginza
入場無料、申込み不要、入退場自由

多摩美術大学「サービスデザイン2011」プレゼンテーション (facebook)

多摩美術大学「サービスデザイン2011」プレゼンテーション : Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閉じこもるインターネット

著者は、利用者自身がコントロールできないパーソナライズによって情報がフィルタリングされ、手に入る情報が偏っていくことの危うさを指摘する。
「フィルターバブルに包まれている」と表現するその状態は、本来、自由であり、開かれているはずのインターネットの姿を歪んだものにしてしまうという。

こういうことは今まであまり意識してこなかった。むしろ(Amazonのレコメンドのように)便利だとしか思っていなかったパーソナライズ、フィルタリングというものに対して、別の見方ができるようになったのが収穫かな。

ところで、本に書かれていた「行動ターゲティング広告」ですが、通販サイトのプライバシーポリシーをたどって(たいてい下の方に小さくリンクが貼ってある)、「行動ターゲティング広告」を見てみたら、Cokieによるトレースなどがまぁたくさん出てくる出てくる。
とりあえず片っ端から「オプトアウト(無効にする)」してみたけど、これはホンの一部だということですね。(^^;

閉じこもるインターネット:ハヤカワ・オンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

120,000アクセス 御礼

12万アクセスです。気付いたら超えてました。見落としてました。(^^;

いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m

110,000アクセス 御礼: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所


そして、ふとブログのヘッダーを見ると、2月18日で3周年だったのか(2009年にこちらに移行して以来)。こっちもすっかり忘れてました。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美術大学「サービスデザイン2011」プレゼンテーション

Sd2

多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース
「サービスデザイン2011」プレゼンテーション

2012年3月22日(木),18:00〜20:00
アップルストア銀座 3階 シアター アップル 直営店 Ginza
入場無料、申込み不要、入退場自由

主催:情報デザインコース 経験デザイン領域
発表者:3年履修学生(有志)、吉橋昭夫(教員)

内容:
2011年度の3年次演習「サービスデザイン」の成果報告会です。“Shopping”をテーマとしてデザインした7つのサービス提案のプレゼンテーションをおこないます。

授業では、フィールドワークやアイデア展開、プロトタイピング、アクティングアウト、ロールプレイングなどのデザイン手法を用いて、サービスのしくみとプロセスのデザインを行いました。

サービス利用者の豊かな経験を‘CJM’(カスタマー・ジャーニー・マップ)として描き、サービスの一部を体験できる‘かたち’に表現しました。美大生が考えた「サービスのかたち」をご覧ください。
(授業担当:吉橋昭夫・矢野英樹・須永剛司)

続きを読む "多摩美術大学「サービスデザイン2011」プレゼンテーション "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きになるゼミナール:サービスデザイン ゼミ

情報デザインコース 卒業制作展の公式サイトに、吉橋ゼミの紹介記事が掲載されました(公式サイトは学生による運営)。

きになるゼミナール:1限目. サービスデザイン ゼミ
きになるゼミナール

ゼミ生へのインタビューと、僕のコメントが交互に出て来る構成です。教員のコメント(囲み記事)では、教育の考え方や指導方法などが少し垣間見えると思います。ホントは企業秘密なんだけど(笑)。

「先生」が一方的に‘教える’‘指導する’のではなくて、‘お互いに学び合うコミュニティー’(ちょっとカッコよすぎるか(^^;)みたいな僕のゼミの感じがなんとなく伝わると思います。(記事のまとめがうまい。)
(まぁ、「大学」ですから、当たり前といわれれば、当たり前なんですけど。)

ちなみに、この企画では、まず僕が学生からのアンケート項目に答えてコメントを書いて提出しました。「先生に聞いてみました」の囲み記事の中がそれです。そのあと、それを元にして、ゼミ生へのインタビューを行って僕の回答と合わせて記事に構成したようです。

金沢のゼミ旅行は学生が企画したイベントで僕は参加していませんから、インタビューの現場に僕はいません。インタビューの内容も記事が公開されて初めて読みました。(^^;
学生の‘あと出しじゃんけん’っぽくてちょっとずるい気もするけど、まぁよいでしょう。(笑)

卒制展は、3月9日(金)〜11日(日)ベルサール原宿 で開催されます。
情デ卒制展2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美 情報デザインコース できごとのかたち2012

多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース
できごとのかたち2012(1〜3年次成果展)

2012年3月3日(土),4日(日),11:00〜19:00
AXISギャラリー(六本木)

できごとのかたち2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »