« 問題解決ができる、デザインの発想法 | トップページ | TDC展 2012 »

2012年度 吉橋研究室

新しい年度となり、大学も今日から前期授業が始まりました。

今年度の吉橋研究室は、
大学院前期博士課程(修士・経験デザイン領域)1年生1名・2年生1名
4年生サービスデザインゼミ:15名
となり、合計17名です。(ゼミ/研究室 配属は4年から。)

学部生は、むかしスタジオ制を取っていたときに、4年生20名を教員2名で指導したことがありますが、ひとりで17名の卒業制作と研究をみるのは未知の領域(汗)です。

指導と言っても、学ぶのは学生たち自身で教員は水先案内人の役割くらいしかできません。今年のメンバーは主体的に活動できるひとが多いので、教員ががんばらなくても大丈夫だよね、と思いつつ。


そのほか、前期の2,3年生の授業担当など(主な演習。講義科目は除く):

3年次演習「あそびのデザイン(経験デザイン I)」
 (担当教員:矢野英樹・吉橋昭夫・須永剛司・永井由美子:教員4名によるチーム・ティーチング)
2年次演習「動きと変化の表現」(担当教員:吉橋昭夫)

参考:
2011年度 卒業制作:
4年 卒業制作(吉橋ゼミ): Knowledge Design Lab..
あそびのデザイン(2011年度 授業ブログ):
あそびのデザイン2011
2009年度「変化のデザイン」(授業名変わっています):
2年生「変化のデザイン」課題作品(1): Knowledge Design Lab.
2年生「変化のデザイン」課題作品(2): Knowledge Design Lab.

|

« 問題解決ができる、デザインの発想法 | トップページ | TDC展 2012 »

大学・教育」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/54379302

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年度 吉橋研究室:

« 問題解決ができる、デザインの発想法 | トップページ | TDC展 2012 »