« 多摩美の夏季休業 | トップページ | デザイン・ドリブン・イノベーション »

ウェブはグループで進化する

「ウェブはグループで進化するーソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」」
ポール・アダムス 著, 小林啓倫 訳

著者は、Google+のサークル機能の基礎をデザインし、その後facebookに移籍したという経歴の持ち主です。原書のタイトルは“Grouped: How small groups of friends are the key to influence on the social web”

「ソーシャル」の本質を、人々のコミュニケーションや集団の特性、人間関係など多方面の研究を参照しながらひもといていきます。参考文献も多数紹介されているので、さらに深く考えるために有用です。第10章には、本書の重要なポイントが簡潔に要約されているので、こちらを先にざっと読んでおくと、理解が早いかもしれません。

各章のおわりにはソーシャル・マーケティングに関する「アドバイス」がまとめられています。マーケティングに限らず、「ソーシャル」に関わる仕事をしているひと、デザインに関わる人は一読する価値があるでしょう。

ただし、すべての考察が「次のマーケティングに生かすには?」という視点に集約されているので(分かりやすいといえば分かりやすいのですが)、マーケティングを生業としていない読者にはややくどいかもしれませんね。

日経BP書店|ウェブはグループで進化する

THINK OUTSIDE IN A blog by Paul Adams

|

« 多摩美の夏季休業 | トップページ | デザイン・ドリブン・イノベーション »

その他の本」カテゴリの記事

サービスデザイン」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/55350126

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブはグループで進化する:

« 多摩美の夏季休業 | トップページ | デザイン・ドリブン・イノベーション »