« 田中一光とデザインの前後左右 | トップページ | 3年生 サービスデザイン2012 »

ワークショップと学び3 まなびほぐしのデザイン

「ワークショップと学び3 まなびほぐしのデザイン」
苅宿俊文, 佐伯 胖, 高木光太郎・編

シリーズの第3巻は「まなびほぐし」をテーマとしている。
第I部 ワークショップをたちあげる
第II部 ワークショップを分析する

巻末のあとがき、佐伯胖先生による「シリーズを終えてー学び学としてのワークショップ」は示唆に富んでいる。「『まなびほぐし』と『まなびどり』で構成される佐伯の『まなび学』の概要」(p307)が語られている。

「気づく」こと、感化を通した「まなびどり」、絶えざるリフレクション(省察)など、美術大学での「まなび」と重なる点も多くとても味わい深く読んだ。

ワークショップの企画や実践に関わってるひとはもちろん、なにげなくワークショップという言葉を使っているひとも、必読の一冊でしょう。

ワークショップと学び[全3巻]:シリーズ・講座:東京大学出版会

関連記事:
ワークショップと学び1 まなびを学ぶ: Knowledge Design Lab. −知識デザイン研究所

|

« 田中一光とデザインの前後左右 | トップページ | 3年生 サービスデザイン2012 »

その他の本」カテゴリの記事

デザインの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/55804587

この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップと学び3 まなびほぐしのデザイン:

« 田中一光とデザインの前後左右 | トップページ | 3年生 サービスデザイン2012 »