« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

「mutual soap」(武蔵美の卒展より)

Musabi04

「Ex-formationふたり mutual soap」佐々木晴美(基礎デザイン学科)

原研哉ゼミEx-formation、今年のテーマは「ふたり」でした。その中のひとつがこの作品です。(ご本人の許可を得て撮影・掲載)

固形の白い石鹸がこの作品のモチーフです。新しい石鹸を使い始めるときに今まで使っていた小さくなった石鹸を、新しいものに貼り付けるようにしてくっつけたことが、誰でもあるのではないでしょうか。

Musabi03

続きを読む "「mutual soap」(武蔵美の卒展より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わたりとわたし」(武蔵美の卒展より)

鷹の台キャンパスで行われた武蔵美の卒業制作展を見てきました。会場で出会った作品の中から2点を紹介します。ふたつとも作者の学生と話をすることができました。(ご本人の許可を得て撮影・掲載)

Musabi01

「わたりとわたし」安達日向子(視覚伝達デザイン学科)

東日本大震災で被害を受けた 宮城県亘理(わたり)町の復興に向けた「わたりグリーンベルトプロジェクト」の記録です。

安達さんは、防潮林の復興などをめざすこのプロジェクトに町外スタッフとして加わり、ワークショップの準備や記録、冊子や報告書作りなど様々な支援活動を行ってきました。
会場には、プロジェクトの活動をまとめたパネルや、プロジェクトの様子を参加者に知らせるための会報、町の人々を取材してつくられた記録冊子などが展示されていました。冊子には町のみなさんがワークショップを通じて結束する様子や町の人々の貴重な語りなどが丹念に記録されています。

続きを読む "「わたりとわたし」(武蔵美の卒展より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービスデザイン2012 展示とプレゼンが終わりました。

Sd2012

後期末展覧会での展示と公開プレゼンテーションが終わりました。たくさんの方のご来場と、プレゼンテーションへのご参加、コメントに感謝いたします。ありがとうございました。

展覧会とプレゼンの様子は以下のブログでもご覧いただけます。

公式ブログ:Service Design 2012 • 後期末展覧会 終了致しました。

グラグリッドさんのブログ:ぐらぐり君が行く: ぐらぐり君、多摩美術大学へ行く

関連:多摩美術大学 吉橋研究室/サービスデザイン ゼミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Service Design 2012 作品リスト

3年「サービスデザイン2012」の作品リストです。

テーマ:Shopping

課題:調べること、選ぶこと、買うこと/売ること、使うこと、人にすすめること、人に譲ること、リサイクルすることなど、“ Shopping ” にまつわる「新しいサービス」をデザインし、サービス利用者の経験を目に見えるかたちにしていく。

「UNIME 漫画共創プラットフォーム」

「PLAMO BAR プラモデル、お酒、そして会話を楽しむ店」

「C-Selection お気に入りの色選びをサポートするサービス」

「おたま あなたと地域をむすぶ おふくろごはん」

「Memorrium 親子で過ごしたひとときをボトルに残す教室」

「DAY+U 大切な人との特別な1日を演出するあなただけのコンシェルジュ」

「香り花屋 香りをひらく、よむ、みつける」

展覧会では、以上の7つのサービスを展示発表いたします。どうぞお楽しみに。

Service Design 2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【再掲】多摩美「サービスデザイン2012」展示とプレゼン

3年次「サービスデザイン2012」の成果展示・発表です。どなたでもご覧いただけます。

2013年1月11日(金)12日(土)
両日とも 9:00〜16:10
八王子キャンパス 情報デザイン棟4階 25-420 教室
多摩美術大学|交通案内

公開プレゼンテーション:1月12日(土)13:00〜15:00
予約不要、参加無料

(情報デザインコース 後期末展覧会にて)

公式ブログ(学生による運営):
Service Design 2012

サービスデザインゼミfacebookページ:
多摩美術大学 吉橋研究室/サービスデザイン ゼミ

多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 情報デザインコース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

本年もよろしくお願いいたします。

   m(_ _)m


             2013年元旦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »