« THIS IS SERVICE DESIGN THINKING. (日本語版) | トップページ | 2013年度 日本デザイン学会 秋季企画大会 »

Designing for Multi-touchpoint Experiences

adaptive pathによるサービスデザインについてのスライド。multi-touchpointでの顧客の経験をどのようにして扱うか?

|

« THIS IS SERVICE DESIGN THINKING. (日本語版) | トップページ | 2013年度 日本デザイン学会 秋季企画大会 »

サービスデザイン」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18028/58050274

この記事へのトラックバック一覧です: Designing for Multi-touchpoint Experiences:

« THIS IS SERVICE DESIGN THINKING. (日本語版) | トップページ | 2013年度 日本デザイン学会 秋季企画大会 »